絵解き 幕末諷刺画と天皇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 264p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784760132478
  • NDC分類 210.61
  • Cコード C0021

出版社内容情報

徳川慶喜、和宮、睦仁天皇などが描きこまれた戊辰戦争期の風刺錦絵40点の絵解き謎解きを楽しむ。オールカラー。

内容説明

戊辰戦争時、薩長嫌いの江戸っ子たちが謎解きを楽しんだ非合法の諷刺錦絵を徹底解読!巧みなコードを用いた、ハイセンスな反権力の笑いで読む、維新の世相。

目次

1 諷刺錦絵の登場と流行―錦絵の世界が変わった(錦絵のいろいろ―この本のはじめに;諷刺錦絵の登場;二つのピーク―鯰絵と麻疹絵)
2 高まる江戸庶民の政治関心(諷刺諸文芸の大流行;変貌するかわら版;政治情勢を知らせる町触の徹底周知;戊辰戦争諷刺錦絵のアウトライン)
3 戊辰戦争諷刺錦絵は語る(鳥羽・伏見開戦から江戸城開城まで;江戸城開城後から列藩同盟成立前まで;列藩同盟成立直後 閏四月末から五月中まで;会津城攻防戦前後)
この本のおわりに―戊辰戦争を見つめた江戸庶民の願い(戊辰戦争諷刺錦絵を振り返って;戊辰戦争諷刺錦絵に込められた願い;戊辰戦争諷刺錦絵意義)
戊辰月日表―江戸庶民にとっての戊辰戦争

著者等紹介

奈倉哲三[ナグラテツゾウ]
1944年、東京に生まれる。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。文学博士(1990年、東京都立大学)。山陽学園大学教授を経て、跡見学園女子大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小谷野敦

2
奈倉有里のお父さんの本というので読んでみたが、柏書房、実に手のこんだ本で、図版が豊富に入っている上、本文の重要なところを青い活字にしている。鳥羽伏見から戊辰戦争の動きを当てこすった浮世絵40点の解説だが、明治天皇ではなく睦仁天皇としたり、孝明天皇の死去に際して鳴物停止令が百日に及んだため庶民は天皇の存在を意識したとか重要なことが書いてあり勉強になる。2024/05/31

酔ちゃん

0
江戸の諷刺画のレベルの高さに驚かされました。諷刺画を見ながら江戸の幕末に想いを寄せられる素晴らしい本だと思います2011/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/317686
  • ご注意事項