河井継之助の妻「すが」の証言

河井継之助の妻「すが」の証言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784760110858
  • NDC分類 289
  • Cコード C0093

内容説明

幕末の英傑として近年とみに評価の高い「河井継之助」。長岡藩は「継之助」指揮のもと、中立を構想しながら果たせず、北越戌辰戦争の結果落城し、市街は焼けの原と化した。妻「すが」は、幕末・明治の動乱期、「継之助」の足跡・苦悩を共有し、長岡から函館へと61年の人生を生きぬいた。「すが」は、「継之助」に何を視ていたのか。美貌の妻「すが」の眼を通して、英傑「河井継之助」の実像に迫る。

目次

はじめに すがとう女
1章 故郷の匂い
2章 寂寥を慰む
3章 奔流する時世
4章 生き永らえて
終章 雪明り吐く息つらし

出版社内容情報

幕末の英傑として近年とみに評価の高い河井継之助。北越長岡藩にあって中立を構想しながら果たせず,戦火にまみれさせたとして断罪された男。彼の足跡・苦悩を共有した美貌の妻,すが。知られざる妻の眼を通してみた幕末の激動を描き尽す。

はじめに すがという女
一章 故郷の匂い
二章 寂寥を慰む
三章 奔流する時世
四章 生き永らえて
終章 雪明り吐く息つらし