歴史としての音―ヨーロッパ中近世の音のコスモロジー

歴史としての音―ヨーロッパ中近世の音のコスモロジー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784760109944
  • NDC分類 762.3
  • Cコード C3022

内容説明

街の騒音から教会音楽まで、さまざまな音とともに生きてきた人々の生活と意識を描きだす「音」の歴史学。

目次

序章 音のイメージとストーリー
第1章 楽譜―音の記譜法
第2章 楽器のシンボリズム
第3章 「音楽家」とは誰なのか―「賤民」芸人と芸術家の狭間で
第4章 音のドラマトゥルギー―祝宴とプロセッションの音世界
第5章 流行としての音楽―ポピュラー・ミュージックの歴史
第6章 つくる文化・売る文化・きく文化―音と音楽の近代化と神話化
第7章 音の異能性―歴史のなかの音のイメージ戦略

出版社内容情報

中近世ヨーロッパの異貌を描く新しい歴史叙述への挑戦。楽譜・絵画・文献などに残されている音・音楽史料を歴史を映し出す鏡としてとらえ,それをもとに当時の社会と人々の意識・生活を解明。掲載図版100点余。

序章  音のイメージとストーリー
第1章 楽譜―音の記譜法
 象徴としての楽譜
 記譜法と音楽写本―西欧中世で音楽はどう記録されたか
 黒と白のドラマトゥルギー
第2章 楽器のシンボリズム
 楽器のヒエラルキー
 楽器のパフォーマンス
 バグパイプ論-民衆文化と音楽の1500年の変容
第3章 「音楽家」とは誰なのか―「賤民」芸人と芸術家の狭間で
 高き歌人と低き芸人―12世紀、宮廷歌人の時代
 音の担い手たちの真相
第4章 音のドラマトゥルギー―祝宴とプロセッションの音世界
 祭りの中世
 宴会というドラマ
 ブルゴーニュ公フィリップ・ル・ポンの「雉の祝宴」
 プロセッションのドラマトゥルギー
第5章 流行としての音楽―ポピュラー・ミュージックの歴史
 中世のポピュラー・ミュージック
 市民のヒットチャート
第6章 つくる文化・売る文化・きく文化―音と音楽の近代化と神話化
 音楽の産業革命
 音を操る者―売る音楽文化の誕生
 きく文化の18世紀
第7章 音の異能性―歴史のなかの音のイメージ戦略
 音の路上観察学―中近世の昔イメージ
 人間・音楽・自然―食と病いへの音の利用
 音の異能性
  古楽器の系譜
  文献目録
  主要人名・作品作品