アメリカン・ベースボール革命―データ・テクノロジーが野球の常識を変える

個数:

アメリカン・ベースボール革命―データ・テクノロジーが野球の常識を変える

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2021年12月05日 00時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 509p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784759820676
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0075

内容説明

近年、アメリカ球界の各チームは、データとテクノロジーを駆使した“育成”によって他球団に差をつけようとしている。その結果、メジャーすれすれの野手がホームランキングになり、お払い箱寸前だった投手がエースになっているのだ。本書では、アメリカ球界で進む科学的な選手育成の最前線を、選手自身の言葉や、選手と球団フロントをつなぐパイプ役、球団外のトレーニング施設のスタッフなどの目を通してエキサイティングに描き出す。野球の見方ががらりと変わる一冊。

目次

プロローグ パワーアップ
救世主となったセイバーメトリクス
先天的なマニア、後天的なアスリート
ラバを競走馬に変える
第一原理
ボトムアップ革命
1万球の法則
パイプ役
完璧な投球
われわれはみな宇宙飛行士だ
回転数疑惑
アマチュア野球
オールスター出場と、ほかの選手への指導
パフォーマンスを高めるデータ
上達する
ソフトファクター
それを作れば、彼らは来る
天井はない
エピローグ デザインのあとからついてくるもの

著者等紹介

リンドバーグ,ベン[リンドバーグ,ベン] [Lindbergh,Ben]
The Ringerのライターで、FanGraphsのポッドキャスト「Effectively Wild」でホストを務めている

ソーチック,トラビス[ソーチック,トラビス] [Sawchik,Travis]
FiveThirtyEightの記者で、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーの『ビッグデータベースボール』(KADOKAWA)の著者

岩崎晋也[イワサキシンヤ]
書店員などを経て翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yyrn

23
映画にもなった『マネーボール』04は出塁率などのデータを選手起用に活用して攻撃力アップを果たしたアスレチックスの話だった。『ビッグデータベースボール』16はさらにデータから変則シフトを導入するなど主導的な守備力の強化に使ったパイレーツの話で、どちらも弱者の兵法的面白さがあったが、著者は両話に抜けているデータの活用法が紹介されていないことに気づき本書を書き上げた。さて、それは何か?それはデータを使って「自前の選手を育成すること」。これが前著以上に痛快で、より細分化し精密化されたデータ(球の回転数や⇒2021/09/04

Nobuyuki Tsuji

5
野球好きにはとても興味深い本。メジャーリーグにてデータの収集、解析、そしてそれに基づいたトレーニングやピッチデザイン、打撃の改良など、現在の状況に基づいて書き込まれていてとても面白い。現在進行形の革命であり、既に更に新しい取り組みもなされているのだろう。日本の球界にもその波は訪れている模様。野球⚾️を観る楽しみが増えた。2021/08/08

tkokon

3
【果てしなきROAツリー】野球チームの「選手以外」を取り巻く環境がこの20年で全く様変わりした。投球の回転数、打撃のスイング軌道、打球の初速と角度、守備の反応速度と初速、全てがデータ化され、選手のパフォーマンスとの相関も(当然ながら)分析できる。「27のアウトの中でいかに点を取る・防ぐか」という目標をROAツリーの如く、果てしなく分解し、「ピッチャーの投球時の指先の瞬間」みたいなところまでトレースできる。採用も育成も、精神論の入る余地が全くない。我々の仕事環境も20年後にはこうなっていないと、まずいだろう2021/09/25

KO

2
『マネー・ボール』のインディアンスの次はアストロズか。強さの秘密がよくわかった。野球もビッグデータの活用が必須な時代になったんだな。日本にもすぐにこの波がきそう。そうなると有利なのはDeNA、楽天、ソフトバンクといったIT系企業?2021/11/21

fs_htnk

2
次は何が定量化されて実用化されるのか。あの頃に某コーチと盛り上がってた話題なんて、わずか数年の間に3周くらい周回遅れになってしまったみたい。どんな数字が弾き出されているのかを知る由もなくなったいま、この世界についていくのは大変だな。驚愕というか溜息が出るというか。2021/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17835327

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。