Dojin選書<br> 自然に学ぶ粋なテクノロジー―なぜカタツムリの殻は汚れないのか

個数:

Dojin選書
自然に学ぶ粋なテクノロジー―なぜカタツムリの殻は汚れないのか

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2018年09月25日 16時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784759813227
  • NDC分類 504
  • Cコード C0344

内容説明

いつも快適なシロアリの巣に学ぶ「無電源エアコン」、汚れ知らずのカタツムリの殻に学ぶ「洗浄不要のキッチン」、天井を走るヤモリの足に学ぶ「あたらしい接着の考え方」―自然のもつ完璧な循環から見えてくるあたらしいテクノロジーのかたち。地球環境をこれまでとは違った角度から捉える。

目次

第1章 あたらしく生まれたネイチャー・テクノロジー
第2章 自然観をもったテクノロジーが必要なのだ
第3章 地下資源文明から生命文明へ―今こそ第三次産業革命のとき
第4章 人間活動の肥大化が生み出す地球環境問題
第5章 近代テクノロジーを支える資源・エネルギーは有限だ
第6章 一歩先ゆく粋なテクノロジー
第7章 ネイチャー・テクノロジーを生み出すシステムが必要だ
第8章 二〇三〇年に向けて鳥の目をもった人材が必要だ
第9章 ネイチャー・テクノロジーの卵たち

著者等紹介

石田秀輝[イシダヒデキ]
1953年岡山県生まれ。78年伊奈製陶株式会社(現(株)INAX)入社、空間技術研究所基礎研究所(新設)所長、技術統括部空間デザイン研究所(新設)所長、技術戦略委員会・環境戦略委員会兼任議長CTOなどを経て、2004年より東北大学大学院環境科学研究科教授。工学博士。専門は地質鉱物学をベースとした材料化学。多くの実践経験をもとに、「自然のすごさを賢く活かすものつくり」のパラダイムシフト実現に国内外で積極的に活動している。また、環境リーダー人材育成を目的としたあたらしい大学院SEMSaT研究代表、最近では小学生たちの環境教育にも強い関心を持っている。自然のメカニズムを活かした多くの材料を開発し、環境技術倫理にも造詣が深い。地球村研究室代表、ネイチャーテック研究会代表、ものづくり生命文明機構理事、アースウォッチ・ジャパン理事ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。