東京ブラックアウト

個数:

東京ブラックアウト

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月06日 21時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062193412
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

大ベストセラー『原発ホワイトアウト』を凌ぐディテールと迫力! キャリア官僚が書いたリアル告発ノベルの最新作は驚愕の真実を暴く 大ベストセラー『原発ホワイトアウト』を凌ぐディテールと迫力!! キャリア官僚が書いたリアル告発ノベル、最新作!
 「原発再稼働」が既定路線のように進む日本……しかし、その裏には真っ黒な陰謀が渦巻いていた!
 いったん「原発再稼働」を認めれば、「発送電分離」は不可能となる……そのカラクリを暴いていくと驚愕の真実にぶち当たった……そう、「原発再稼働」で殺されるのは、大都市の住民だったのだ!!
 自分の家族の命と財産を守るため、全日本人必読の書!

第1章 避難計画の罠
第2章  洗脳作業
第3章  電力迎賓館
第4章  発送電分離の闇
第5章  天皇と首相夫人と原発と
第6章  再稼働に隠された裏取引
第7章  メルトダウン再び
第8章  五〇人の決死隊
第9章  黒い雪
第10章 政治家と官僚のエクソダス
第11章 無法平野
第12章 裏切りの国政選挙
終 章  東京ブラックアウト


若杉 冽[ワカスギ レツ]
著・文・その他

著者等紹介

若杉冽[ワカスギレツ]
東京大学法学部卒業。国家公務員1種試験合格。現在、霞が関の省庁に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yunemo

92
ほんとにどこまでが真実なんでしょう。このシステムは現実的なものなの?なんだか、その境目に悩ませられます。大半が現実だとは思うのですが。本作品、ディテールの細かさと、ある意味大雑把に表現されるところのメリハリがありすぎます。まさに、大都市住民の現実被害、東日本の滅亡、西日本だけの日本、京への遷都まで、いやいや。でもどこかにもありましたよね、地震でしたけど。いろんな意味で現実味を帯びてきてます。ただ、原子力行政の在り方、単なる脱原発ということでも問題あり。天皇陛下まで登場したのに、結末はお粗末でした。2014/12/14

よんよん

63
読みながら、鳥肌立った。どこまで現実で、どこからフィクションなのか。起きても不思議じゃないかなと思えるところが恐ろしい。我が国は何もかも食い尽くす軍隊ありのような人々につぶされるのか。戦争と原発、今まさに三本の矢と共に憲法改正へと一歩踏み出している安倍政権、日本の未来はどうなってるのだろう。2015/09/25

sas

60
『原発ホワイトアウト』よりもストーリー的な面ではかなり弱いが、小説的な評価よりも内容が凄い。前作同様、電力モンスターシステムによって原発再稼働を進めていることを告発している。こいつらにとっては将来原発で日本が滅びようがどうしようが全く関係ないのだ。そして無関心なその他大勢の日本人も同じ罪なのだろう。後半のメルトダウンの章は衝撃的で恐ろしい。決して絵空事ではない。福島の時も最悪のケースではここまでなっていた可能性もあったのだろう。避難で大混乱する話も確かにその通りになるだろう。日本人として考えるべき問題だ。2015/06/07

17

56
冬休みの課題図書。『原発ホワイトアウト』の続編。フィクションとノンフィクションの境界は?と思いながら、読了しました。2014/12/29

みのゆかパパ@ぼちぼち読んでます

50
現役官僚である著者が、原発再稼働をめぐる政財官の暗躍を告発した小説の第2弾。本作では、彼らの水面下の動きに加え、現行の基準で再稼働した原発が事故を起こした場合、どんな事態が引き起こされるかを生々しく描き出し、このままこの道を進んでいいのかと前作以上に問いかけてくる。そんな読み応えの一方、現実に対する絶望感の深さゆえか、官僚の視点がそうさせるのか、国民が巨大なシステムに翻弄されるだけの無力な存在のように描かれていたのが残念。前作をベストセラーにした国民にこそ希望を見いだした未来図を示してほしかったのだが…。2015/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9020870

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。