家で死ぬということ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784759312867
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0095

内容説明

あなたはどこで、どのように死にたいですか?『病院で死ぬということ』から22年!今、在宅ホスピス医の現場に身を投じた著者が問いかける、生きるということ、病むということ、死ぬということ。

目次

第1部 ホスピス医を生きた(僕たちの希望、新ホスピス、静かに進水;あの世からサインを送ります;死の床での日常を支える好きなこと;ホスピスに行きたい、でも真実は知りたくない;最後の日まで、自分の存在の意味を問い続けるために ほか)
第2部 在宅医を生きる(在宅の患者を診る医者として生きる;ホスピスケアが本当に必要な時期;ホスピスケアは全ての終末期の患者に必要;自立と尊厳を守るためには;ホスピスケアと在宅ケアの融合を目指して ほか)

著者等紹介

山崎章郎[ヤマザキフミオ]
1947年福島県生まれ。1975年千葉大学卒業、同大学病院第一外科、1984年より千葉県八日市場市(現匝瑳市)市民病院消化器科医長、1991年より聖ヨハネ会桜町病院ホスピス科部長を経て、2005年より在宅診療専門診療所ケアタウン小平クリニック院長。他に、聖ヨハネホスピスケア研究所所長、日本ホスピス緩和ケア協会理事、日本死の臨床研究会事務局長など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。