知っていますか?AIDSと人権一問一答 (第3版)

個数:

知っていますか?AIDSと人権一問一答 (第3版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 125p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784759282634
  • NDC分類 493.11
  • Cコード C0036

目次

HIV感染症とは何ですか?
HIV感染症とAIDSは違うのですか?
HIV感染症はどうして感染するのですか?
HIVの感染経路について、くわしく教えてください。
HIVに感染しているかどうかは、どうしたらわかるのですか?
HIV感染症にかかると、どうなるのですか?
HIV感染症にかかったら、どうしたらいいのでしょうか?
HIV感染症の医療と福祉について教えてください。
「薬害AIDS」とは何ですか?また、なぜ起こったのですか?
薬害HIV訴訟について教えてください。
HIV訴訟はその後どうなったのですか?
薬害AIDSの和解によって国のHIV医療はどのように変わったのですか?
世界のHIV感染症の状況について教えてください。
なぜHIV感染症はこんなに広がっているのですか?
HIV感染症が広がらないようにするにはどうしたらいいのでしょう?
日本のHIV感染症対策について教えてください。
感染症対策法とは何ですか?
AIDS差別について教えてください。
差別によって、どのような問題が起きるのでしょうか?
AIDS差別をなくすにはどうしたらいいのでしょうか?
HIV感染症の予防と啓発・教育はどうしてすすみにくいのですか?
NGOの役割について教えてください。
HIV感染症の問題が解決される日は来るのでしょうか?
AIDS問題に取り組むためには何が大切なのでしょうか?
AIDS問題に対して、ワタシができることはあるでしょうか?

著者等紹介

屋鋪恭一[ヤシキキョウイチ]
関西大学法学部卒。在学中より障害者・難病問題に取り組み、1988年、HIV感染者・AIDS患者の救援活動を行うNGO「HIVと人権・情報センター」、1992年、血液製剤によるHIV感染者の救援を目的とするNGO「ケアーズ」を設立し、HIV感染症に対する差別の解消と患者の人権擁護を目指して活動する

鮎川葉子[アユカワヨウコ]
信州大学農学部卒。1992年より「HIVと人権・情報センター」の活動に参加、相談・情報収集・研究などを担当。1997年、「エイズを伝えるネットワーク TENCAI(てんかい)」設立。若年層対象のHIV/AIDS啓発プログラムの開発・実践、情報発信などにより、HIV感染症を含む思春期の健康関連問題に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。