境界に生きる―暮らしのなかの多文化共生

個数:

境界に生きる―暮らしのなかの多文化共生

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 126p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784759223507
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0037

内容説明

日々の暮らしのなかで、平和や多文化共生をどのように考えればいいのか。著者と家族のライフストーリーを軸に綴ったエッセイ。

目次

1 日本と韓国から複数の世界へ(母の口癖;希望を紡ぐ子どもたち;国籍って何だろう? ほか)
2 子どもたちと語り合う共生(「人権学習」は眠たくて面倒くさい?;「みんな一緒」から抜け出す仕掛け;「○○人」の境界が揺らぐ瞬間 ほか)
3 いのちを耕す(「あっち」と「こっち」を乗り越えるには?;星にみちびかれ;小さな師匠たち ほか)

著者等紹介

孫美幸[ソンミヘン]
大阪大学大学院人間科学研究科附属未来共創センター講師。2000年に京都市公立中学校で初めての外国籍教員として採用。2010年立命館大学大学院社会学研究科博士課程修了。2014年、ノンフィクション作品「境界に生きる」が、第40回部落解放文学賞記録・表現部門で入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

柳田

12
かなりハートウォーミング。中学生とか高校生が読んでほっこりしつつ、こういうことに関心をもつきっかけとかになったらいいよなと思った。『知里真志保の生涯』を読んだときも思ったのだが、こういう民族や国籍や言語等によるアイデンティティの葛藤みたいなのは日本生まれ日本育ちには全然分からないだろう。私もまあピンとはこない。だからこういう、問題意識を前面に出すのではなく、ハートウォーミングなノンフィクションだと読みものとして面白いし、はあ世の中にはこういうこともあるのか、という気持ちになる。ただあんまり共感はできない。2018/08/16

hideko

0
子どもに学ぶ姿勢が素敵です。 “師匠”とお話したい。2017/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12383988

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。