書評から学ぶ理論言語学の最先端〈上〉

個数:

書評から学ぶ理論言語学の最先端〈上〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月29日 01時27分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 233p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784758921855
  • NDC分類 801
  • Cコード C3380

内容説明

本書は「上」と「下」の2巻からなり、全部で100の論文なり本がレビューされているが、その9割が、2000年以降に刊行された海外の論文や本が対象となっている。そして残りの1割が、日本語で書かれた論考や古典を対象としたものになっている。本書の「上」と「下」を隅から隅まで読めば、理論言語学の最先端の動向を十二分に伺い知ることができるであろう。そして、レポートや論文ネタをいくつも見つけることができるであろう。

目次

第1部 ミニマリスト・プログラム(Noam Chomsky(1995)The Minimalist Program(MIT Press)
Noam Chomsky(2008)“On Phases”(Foundational Issues in Linguistic Theory:Essays in Honor of Jean‐Roger Vergnaud,ed.by R.Freidin,C.P.Otero and M.L.Zubizarreta,MIT Press) ほか)
第2部 生物言語学(Lyle Jenkins(2000)Biolinguistics:Exploring the Biology of Language(Cambridge University Press)
Marc D.Hauser,Noam Chomsky and W.Tecumseh Fitch(2002)“The Faculty of Language:What Is It,Who Has It,and How Did It Evolve?”(Science298) ほか)
第3部 認知言語学(Seizi Iwata(2008)Locative Alternation:A Lexical‐Constructional Approach(John Benjamins)
John R.Taylor(2006)“Polysemy and the Lexicon”(Cognitive Linguistics:Current Applications and Future Perspectives,ed.by Gitte Kristiansen,Mouton de Gruyter) ほか)
第4部 機能文法(神尾昭雄(1990)『情報のなわ張り理論:言語の機能的分析』(大修館書店)
Philip Miller(2001)“Discourse Constraints on (Non)extraposition from Subject in English”(Linguistics39) ほか)
第5部 母語獲得・第二言語習得(Sudha Arunachalam and Sandra R.Waxman(2010)“Meaning from Syntax:Evidence from 2‐year‐olds”(Cognition114)
Holger Diessel and Michael Tomasello(2005)“A New Look at the Acquisition of Relative Clauses”(Language81) ほか)

著者等紹介

畠山雄二[ハタケヤマユウジ]
1966年静岡県生まれ。東北大学大学院情報科学研究科博士課程修了。博士(情報科学)。現在、東京農工大学准教授。専門は理論言語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。