英語助動詞システムの諸相―統語論・意味論インターフェース研究

個数:

英語助動詞システムの諸相―統語論・意味論インターフェース研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年06月06日 17時41分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ A5判/ページ数 252p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784758921442
  • NDC分類 835.58
  • Cコード C3082

内容説明

本書は、生成文法理論に基づいて、英語の時制、相、法助動詞、ムード等の機能範疇に関わる現象を分析し、英語助動詞システムをめぐる統語論・意味論インターフェースの解明に取り組んでいる。主要なトピックは、助動詞システムを構成する機能範疇から見た節の基本構造、定形節・不定詞節・仮定法節等々の時制解釈の統語論と意味論、法助動詞解釈における統語論・意味論・叙述様式の相互作用、条件節と法要素の相関現象等々である。

目次

第1章 理論的枠組みと節構造の概観(理論的枠組み;節構造概観 ほか)
第2章 英語の時制解釈における統語論・意味論のインターフェース(時制解釈の基本的枠組み;時の解釈における統語的特性 ほか)
第3章 補文と非直説法節の時制解釈(不定詞補文の時制解釈;定形補文の時制の一致 ほか)
第4章 英語法助動詞の統語論と意味解釈(生成文法による伝統的分析;根源的法助動詞の繰り上げ述語としての特性 ほか)
第5章 法助動詞と条件のif節(von Fintel and Iatridou(2001)の分析の概要
条件のif節とECP ほか)