ハルキ文庫<br> 伝説の名馬 ライスシャワー物語

個数:
電子版価格
¥858
  • 電書あり

ハルキ文庫
伝説の名馬 ライスシャワー物語

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2024年04月16日 15時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 200p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758444514
  • NDC分類 788.5
  • Cコード C0195

出版社内容情報

雲間に鮮やかな満月が光を放つ、平成元年三月五日、早朝──。
後にライスシャワーと呼ばれる一頭の牡の仔馬が、生を受けた。
小柄で真っ黒な、生粋のステイヤー(長距離馬)の血統だった。
その仔馬の一生を騎手、調教師、厩務員らの温かい目が見守る。そして待ち受ける衝撃の結末!
一頭のサラブレッドの生きた軌跡を追う、迫真と感動のドキュメント!

内容説明

雲間に鮮やかな満月が光を放つ、平成元年三月五日、早朝―。後にライスシャワーと呼ばれる一頭の牡の仔馬が、生を受けた。小柄で真っ黒な、生粋のステイヤー(長距離馬)の血統だった。その仔馬の一生を騎手、調教師、厩務員らの温かい目が見守る。そして待ち受ける衝撃の結末!一頭のサラブレッドの生きた軌跡を追う、迫真と感動のドキュメント!

目次

第1章 誕生
第2章 開花
第3章 栄光
第4章 挫折
第5章 復活

著者等紹介

柴田哲孝[シバタテツタカ]
1957年東京都生まれ。日本大学芸術学部中退。2006年『下山事件 最後の証言』で第59回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)と第24回日本冒険小説協会大賞(実録賞)をダブル受賞。2007年『TENGU』で第9回大藪春彦賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

165
ミホノブルボンの三冠を阻止した菊花賞。メジロマックイーンの三連覇を阻止した天皇賞(春)。“刺客”“黒鹿毛の反逆者”“レコードブレイカー”の異名を持ったライスシャワーの軌跡。勝利したGⅠのレースは全てテレビで観てたけど、二度目の天皇賞を勝ったときの天皇賞(春)は感動もの。(馬券を当てたのもあるけどね)杉本清さんの実況も思い出しました。牧場スタッフ、厩舎スタッフ、主戦の的場均騎手の想いもしっかり伝わり、ラストの終わり方に、これぞ名馬の物語だと認識。柴田哲孝さんの別な名馬の物語を読んでみたい。2021/12/18

海猫

81
私は競馬に関しては無知だけど、ライスシャワーはアニメの「ウマ娘」で知ったこともあり興味を持って読んだ。アニメでもライスシャワー関連のエピソードは面白かったし、このドキュメントはそれ以上に面白い。騎手、調教師、厩務員らの立場も語られると重みが違う。厳しい調教で気迫を放つライスシャワーに、的場騎手が恐怖を感じる場面など特に印象深い。当時の競馬界の事情もコンパクトに描写され、時代とともにライスシャワーが変転していく様は、運命的である。最終的には悲しい現実があるが、構成の工夫もあって読後感は爽やかなものになった。2022/02/08

PEN-F

36
当時、ライバルとして競い合ってきた日本競馬史に残るスーパースターであるミホノブルボンやメジロマックイーンではなく、ライスシャワーにスポットを当てたところがさすがです。激闘を制した菊花賞、そして天皇賞。しかし世間の認知は勝利したライスシャワーではなく「ミホノブルボンが三冠を逃した菊花賞」「メジロマックイーンが3連覇を逃した天皇賞」の記憶が強い。稀代の悪役の宿命か、スーパースターが放つ黄金の光のオーラではなく黒光りするオーラを身に纏い、刺客の如く狙った獲物を獲りにいく。それこそが名馬ライスシャワー。2021/12/19

緋莢

16
平成10年に祥伝社文庫で刊行されたものに、加筆して改めて出したもの。アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」で描かれたエピソードが強烈だったので、興味を惹かれて手に取りました。ミホノブルボンの三冠阻止、メジロマックイーンの春の天皇賞三連覇、騎手・武豊の五連覇を阻止したことから〝刺客”と呼ばれ、ヒールのイメージがついたライスシャワー(続く2023/01/09

Tomomi Yazaki

16
ライスシャワー。その能力もさることながら、勝負への執念と、並外れた闘争心。その稀有の名馬が競走中に骨折し、予後不良で命を絶たれた。その悲しみは世代を超え、そして柴田哲孝をも動かした。そんな競走馬とは一体、どんな馬だったのでしょう。それを知りたいが為、わたしは本書を手にしました。競走馬と周りの人間との希望と喜び、そして突然の悲しい別れ。それを、柴田哲孝という名手が余すことなく書き上げ、伝説の名馬が今、甦る!久しぶりに、残りの頁を気にしながら読む本に巡り会えました。2022/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18886614
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。