ハルキ文庫 時代小説文庫<br> あきない世傳(せいでん) 金と銀〈8〉瀑布篇

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハルキ文庫 時代小説文庫
あきない世傳(せいでん) 金と銀〈8〉瀑布篇

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2022年08月13日 18時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 340p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758443227
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

遠目には無地、近づけば小さな紋様が浮かび上がる「小紋染め」。裃に用いられ、武士のものとされてきた小紋染めを、何とかして町人のものにしたい―そう願い、幸たちは町人向けの小紋染めを手掛けるようになった。思いは通じ、江戸っ子たちの支持を集めて、五鈴屋は順調に商いを育てていく。だが「禍福は糾える縄の如し」、思いがけない禍が江戸の街を、そして幸たちを襲う。足掛け三年の「女名前」の猶予期限が迫る中、五鈴屋の主従は、この難局をどう乗り越えるのか。話題沸騰の大人気シリーズ第八弾!!

著者等紹介

〓田郁[タカダカオル]
兵庫県宝塚市生まれ。中央大学法学部卒。1993年、集英社レディスコミック誌『YOU』にて漫画原作者(ペンネーム・川富士立夏)としてデビュー。2008年、小説家としてデビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小梅

541
新型コロナウィルス拡大防止の為、仕事を休業中に何かヒントはないか?と読み始めた。麻疹の大流行で町から人々が消え商売が行き詰まる店が多数出る中、五鈴屋は利が薄いとはいえバンバン売れる商品が…現状、終わりが見えない中、小説のようにはいかないのが現実と思ってしまい、なかなか先に進めませんでした。買う方も売る方も共に幸せな商売でなければ…今は、それだけを思い、自分にできる事は?と考える機会になりました。2020/05/06

しんごろ

480
こいつはいけねえ。いけねえよ~。(あれ、どこかで聞いたような…)続きが気になるではないか。前作が平穏で泣けたからね。いきなり風雲急を告げる展開に驚いたよ。彼奴がついに名を変えて出てきやがった。優しさはあるけど、あいかわらずという感じだね。賢介……そういうことか。結、気持ちはわかるが、なんていう事してくれるんだ。おいおい、まさか音羽屋に…なんてことにならないだろうな。ああ、めちゃめちゃ続きが気になるわ~!2020/03/04

ひさか

428
2020年2月ハルキ文庫刊。書き下ろし。シリーズ8作目。五十鈴屋の小紋染の新たな展開が嬉しい。降りかかる火の粉に妹の結や手代たちの思いとがんばりに拍手です。2020/10/12

やま

426
あきない世傳 金と銀シリーズの8作目  2020.02発行。字の大きさは…小。 結は、姉・幸への…、小紋染めの潮目が変わると言われる干支の伊勢型紙6枚すべてが無くなる。 姉への書置き「かんにん」とは…。 そんななか5代目五鈴屋当主惣次が、両替商井筒屋三代目当主として幸の前に現れ、助言をする。 小紋染めが江戸の町に広まり五鈴屋江戸店は、好調であったが絵柄が可愛く町人の女の人には気に入られるが、それ以上の広がりがない。その打開策として干支を染めた小紋染めを広めようとした矢先に…。 結は、賢輔が姉を慕って…。2020/03/19

Yunemo

421
現代で言えば、新商品の開発に成功し、マーケティングの手法を駆使して拡大戦略へ、と言えるのでしょう。これにより消費者の支持を得て商いが、五十鈴屋が育っていく。これに伴う経営者交代、幸が難しい選択を強いられました。唐突な惣次の出現、いやいや恐れ入ります。悪い奴ほど、阿保な振りが上手いよって、気ぃつけなはれ、なかなか出せる言葉じゃありません。それにしても結の気持ち、痛いほどわかって、著者の意図がどの方向へ、心配してましたが、こんな形で結を動かしましたか。27歳の乙女心を、次作でどう表現していただくのか興味深々。2020/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15259205

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。