ハルキ文庫<br> カラス屋の双眼鏡

個数:

ハルキ文庫
カラス屋の双眼鏡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月29日 18時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784758440783
  • NDC分類 488.99

内容説明

『カラスの教科書』で一躍人気者になった松原先生は、動物行動学者。研究対象のカラスをはじめ、鳥、ムシ、けもの、微生物。頭上も足元もあらゆる生き物で賑わうこの世界は、先生にとって楽しみに溢れた宝庫です。ときにカラスと会話しながら研究に勤しむかたわら、カラスのヒナを世話し、炎天下の川原でチドリの巣を探し、ときに大蛇を捕まえ、猫王様の機嫌を伺い、夕食を釣りに行く―すべての生き物への親しみをこめてユーモアいっぱいに語る、自然科学の身近なおはなし。

目次

第1章 やっぱりカラスが好き(上を向いて歩こう;子ガラスが来た ほか)
第2章 鳥屋のお仕事(五感を駆使せよ、使えるなら第六感も;薮の中で一仕事 ほか)
第3章 カラス屋の日常(ピーちゃんの観察日記;日だまりの膝枕 ほか)
第4章 じつはこんなものも好き(鳥屋とヘビは鳥の巣を目指す;ときにはおっかなびっくりで相手をする ほか)
第5章 カラス屋の週末(老人とサギ;猫王様との邂逅 ほか)

著者紹介

松原始[マツバラハジメ]
1969年、奈良県生まれ。京都大学理学部卒業。同大学院理学研究科博士課程修了。京都大学理学博士。専門は動物行動学。東京大学総合研究博物館勤務。研究テーマはカラスの生態、行動と進化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件