ハルキ文庫<br> 髪結の亭主〈3〉お艶の言い分

個数:

ハルキ文庫
髪結の亭主〈3〉お艶の言い分

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月18日 22時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 299p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758439039
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

浜松屋のひとり娘・お艶は本町小町と呼ばれる美形で、天衣無縫のお嬢様。十八歳のある日、付馬屋の直八と駆け落ちした。同心・寒川五郎兵衛から髪結「つばめ床」に伝わったこの話、女将のおちかは他人事と思えず、亭主の千之介とともにふたりの行方を捜すことに。その頃、大泥棒・ねずみ小僧次郎吉は、盗みに入った先で思わぬ難敵と出会い――。夏の江戸、賑わう浅草の髪結床に持ち込まれるのは、人の心を映す謎。若き恋と、天下の大泥棒に降りかかる危難の行く末は。書き下ろし長篇