ハルキ文庫<br> 秘剣の秋―八丁堀夫婦(めおと)ごよみ

個数:

ハルキ文庫
秘剣の秋―八丁堀夫婦(めおと)ごよみ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月18日 05時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 275p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758437813
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

神田川沿いの柳原土手で、十八粒の薬を五文で売る「十八五文屋」が殺された。逆袈裟斬りで斬られた男の正体は、北町奉行所の隠密廻り同心だった。続いて南町の隠密廻りも同じ刀法で殺される。卯一郎は、二人が蘭学者たちを追っていたことを筆頭同心の坂巻から告げられる。シーボルト事件に刺激された両町奉行は、オランダ渡航を老中に進言している蘭学者の南方薫堂を危険視していたのだ。卯一郎は南方が主催する博洋会へ探索の手を伸ばすが、危険は家族にも迫っていた―。豊かな四季を背景に同心一家の活躍を描く、好評シリーズ第八弾が、長篇となって登場!

著者等紹介

早見俊[ハヤミシュン]
1961年、岐阜県岐阜市に生まれる。法政大学経営学部卒業。会社員を経て作家活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。