ハルキ文庫<br> 信長の暗号〈下〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハルキ文庫
信長の暗号〈下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年08月22日 15時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 316p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758435260
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

織田信長の遺した“南蛮世界を覆す”暗号解読のため、ローマ教皇の密使オルガンティーノは日本にやってきた。信長が教皇へ贈った屏風絵の裏に書かれた「いろはうた」には一体なにが隠されているのか。反キリシタンの徳川に拉致されたオルガンティーノと出会った暗号師の蒼海は、その謎を徐々に解き明かしていく。「いろはうた」から次々と浮かび上がる言葉たち。それはキリシタンの失われた秘宝なのか、信長の財宝なのか。そしてついに、信長の仕掛けた驚愕の暗号の正体が明らかになる!書き下ろし歴史暗号ミステリー、堂々の完結。

著者等紹介

中見利男[ナカミトシオ]
1959年、岡山県生まれ。作家、ジャーナリスト。該博な知識と徹底した取材力、そして斬新な視点を駆使し、ドキュメンタリー、評論、解説書など数多く手がける。伝奇時代小説『太閤の復活祭―関ヶ原秘密指令』が「2001年度の本の雑誌が選ぶ総合ベスト10」で第7位にランクイン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。