沈黙の終わり〈下〉

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり

沈黙の終わり〈下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月15日 08時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784758413756
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

七歳の女の子が遺体で発見された――。
その痛ましい事件から、30年間隠されてきたおぞましい連続殺人の疑惑が浮かび上がった。
定年間近の松島と若手のホープ古山、二人の記者が権力の汚穢を暴くため、奔走する。
堂場瞬一作家デビュー20周年を飾る記念碑的上下巻書き下ろし!

内容説明

新鋭とベテラン、ふたりの新聞記者の矜持は最悪の殺人事件の真相を暴けるか。自ら命を絶った警察署長。圧力をかけられ辞めた、元警察官僚の女性覆面作家。そして現れた、巨大なる黒幕。20周年を飾る、記念碑的作品、誕生。

著者等紹介

堂場瞬一[ドウバシュンイチ]
1963年茨城県生まれ。2000年、『8年』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。警察小説など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

258
上・下巻、600頁弱、完読しました。巨悪をオールド・メディアが暴く展開、現実的にこういう隠蔽工作は行われている可能性は十分あると思いますが、最終的には玉虫色のエンディグでした。文春砲だったら、もっと早い段階で一発だったかも知れません。 隠蔽出来なかった池袋暴走事故の上級国民は、氷山の一角ではないでしょうか? https://www.bookbang.jp/review/article/6760802021/06/22

旅するランナー

255
新聞頑張れ! 長いものに巻かれるな!って、新聞記者の先輩からの、愛ある叱咤激励を感じます。新聞記者たちが奔走し、女児連続殺人に関わる30年に渡る権力側による隠蔽・陰謀を明らかにする。そんな結論が霞んでしまうほど、堂場さんの熱い筆致に圧倒されます。2021/09/25

いつでも母さん

202
忖度?駆け引き?圧力?競争?幼い少女の命を守れぬ者が天下国家を語るな!新聞だから出来ること。警察は潰れてはいけない。青臭くても良い。多くの人の願いは同じではないだろうか。下巻とても良かった。権力を手にすると人は間違うのか?そんな奴ばかりでは無いよね。真っ当に働く者がバカをみる社会であってはいけない。もう駄目かと思った先に道は開けたのが何よりホッとした。同じ事件が繰り返されませんようにと願う。堂場さんが託す男達の熱い思いに当てられた感じ。松島と古山の活躍(本郷響との絡み含)をまたどこかで読めると良いなぁ。2021/05/11

とろとろ

107
自ら命を絶った警察署長に、圧力をかけられ辞めた元警察官僚の女性覆面作家。そしてついに現れた黒幕とな。下巻の冒頭で、すぐに黒幕が表れて事件の犯人の名前が出てきたのたが、今度は記事を載せるか載せないかの攻防が延々と続き、最後に事件の真相を新聞で暴くという方向に進んでいくのだろうと思ったら、そのようになった。記事の掲載後の関係者の処分や動向は人づてに聞いたように書いて終わりにするのはよくある手法。著者は社会部の記者出身と経歴にあったので、事件がどうのこうのより、要するに新聞記者の矜持を描きたかったのだろうかね。2021/10/24

ゆみねこ

107
堂場さんの20周年記念作、読みごたえ満点面白かったです。事件を隠蔽し圧力をかける巨大な黒幕に立ち向かう松島と古山。罪を犯した息子を庇う愚かな父親には、犠牲になった女児たちの家族の悲しみは伝わらない。間違いなく堂場さんの代表作となる傑作でした。お薦め本。2021/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17795549
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。