研究叢書<br> 南北朝軍記物語論

個数:

研究叢書
南北朝軍記物語論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 399p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784757609495
  • Cコード C3395

内容説明

第一部では、従来混沌とした世界と考えられてきた『太平記』後半部分の構想の解明を試み、さらに『明徳記』の叙述と時代状況との関わりを論じる。第二部では、『太平記』が未曾有の動乱を描くに際して獲得していった独自の手法を浮き彫りにし、加えて、天正本『太平記』の特質とその背景に迫る。

目次

第1部 『太平記』・『明徳記』の構想(「北野通夜物語」と後醍醐天皇の怨霊;「北野通夜物語」の構想;万里小路藤房と『太平記』第三部世界;『大平記』における公武対比記事の構想;『太平記』における北条氏の治世 ほか)
第2部 『太平記』の展開(「北野通夜物語」問民苦使記事における文献利用の方法;『太平記』における大内裏造営記事の方法;『太平記』と西園寺家;天正本『太平記』における北朝;天正本『太平記』における真言関係記事の増補 ほか)

著者等紹介

大坪亮介[オオツボリョウスケ]
1981年大阪府生まれ。2004年大阪市立大学文学部卒業。2013年大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程修了。博士(文学)。現職、大阪大谷大学文学部講師。専攻、中世日本文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。