研究叢書<br> 複合助詞の研究

個数:

研究叢書
複合助詞の研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月24日 08時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 610p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784757609181
  • NDC分類 815.7
  • Cコード C3381

内容説明

本書は、複合辞のうち、もっぱら複合助詞(助詞的複合辞)を中心に研究を進めて来た著者の複合辞研究を集成するものである。第1章は総論で、複合助詞研究全般にかかわる基本事項が述べられる。第2章では、個別の複合助詞を取り上げて、その表現性が詳しく記述される。第3章には、複合辞に隣接する形式についての考察、最後の付章には、関連して名詞慣用句などに関する論を収める。特に、これまでの複合辞研究ではあまり明確でなかった、共時論的な見方で複合辞を考察するという新たな立場、個々の複合辞の記述に立脚した著者独自の考え方が一貫されている。

目次

第1章 総論(はじめに―複合辞研究の立場;複合辞が複合辞であるための共時的条件―動詞句由来の複合辞を中心に ほか)
第2章 各論(一)―複合助詞表現の諸相(「~ごとに」―雨がふるごとに、暖かくなる;「~拍子に」―転んだ拍子に、腰を打った ほか)
第3章 各論(二)―複合助詞に隣接する形式の研究(「形式名詞」再考―佐久間鼎「吸着語」の再検討を通して;接続助詞的に用いられる「~あげく(に)」について―単一転成辞形式の一事例研究)
付章 慣用句の研究(「折り紙をつける」という言い方をめぐって;「名詞慣用句」について)

著者等紹介

藤田保幸[フジタヤスユキ]
龍谷大学文学部教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。