村上春樹と小説の現在

個数:

村上春樹と小説の現在

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 225,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757605824
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C1095

内容説明

デタッチメントからコミットメントへ、「記憶」と「歴史」が接合させるとき、春樹テクストはどこに向かうのか?境界を超える春樹は、グローバリズムに対してどのようなポジションを取るのか?応答責任を負うべき春樹の読者とは、「誰」なのか?「大きな物語」が衰退し「小さな物語」の乱立する現在、“小説”の可能性はあるのか?―社会現象となった村上春樹の仕事を、「記憶」「拠点」「レスポンシビリティ」の観点から問うたシンポジウムと、それに応答した13篇の論考を収録。巻末に村上春樹出版年譜を付す。

目次

第1部 シンポジウム「村上春樹と小説の現在―記憶・拠点・レスポンシビリティ」(ポストモダン・ローカリティ―村上春樹の「開かれた焦点」とその主題化;村上春樹は世界文学か日本文学か―近代化過程と文学の表現をめぐって;「正しさ」の村上春樹論的転回;ピンポンと弑逆。小説について考えるときに読者が考えること;全体討議)
第2部 村上春樹から“小説の現在”を考える(村上春樹とポピュリズム、その不確かな壁;村上春樹と“小説の現在”―やがて“過去”に繰り込まれる“現在”を悼んで;村上春樹の「王殺し」;記憶の物語/時間のレトリック―村上春樹の1Q80年代;「羊男」の描写と「歴史」の現前について―『羊をめぐる冒険』と海外小説・映画の関係から ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わんにゃん

0
全体討議の時間の話の流れが面白い。2021/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2886981

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。