新TOEICテスト直前の技術―受験票が届いてからでも間に合う!11日間即効プログラム

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 323p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784757411210
  • NDC分類 830.79
  • Cコード C0082

出版社内容情報

スコアが上がりやすい順に学ぶ! 11日間即効プログラム

■スコアアップのために最も効率の良い学習スケジュール

本書はPart 2から学習が始まります。なぜなら、本書のスコアアップ「技術」を使うと、Part 2が最も早くスコアを上げやすいからです。Part 2-5-6-1-7-3-4というスコアが上がりやすい順に学びます。時間のない人は、Part 2とPart 5(本書の最初の4日間)だけでも取り組んでいただければ、想像以上にスコアが上がるはずです。

■200点アップ請負人が考案した43のスコアアップ「技術」

日本で最もTOEICに詳しい執筆陣が、効果バツグンのスコアアップ「技術」を惜しげもなく伝授します。本書のスコアアップ「技術」の効果は、著者たち自ら新テストを何度も受けて確かめたので、間違いありません。「キーワードを避ける」「読まずに5秒で解く」「設問を<森>と<木>に分ける」など、目からウロコの「技術」が満載です!

■予想スコアが出せる「200問完全模擬試験」付き!

本書でスコアアップ「技術」を習得したら、別冊になっていて使いやすい「完全模擬試験」で腕試しができます。収録された問題は、テスティングポイントが本物と同質なので、本番さながらの実力判定が可能です。

★著者ロバート・ヒルキ氏のスコアアップセミナーがCD-1に収録されています。


※本書は『TOEIC(R)テスト直前の技術』(2004年発行)を新TOEIC(R)テスト向けに完全リニューアルしたものです。収録した問題は、新テストの傾向をふまえですべて新しく制作しました。

内容説明

TOEICスコアを上げたいけれど学習する時間がない…。そんな人のために、受験票が届いてからでも間に合う、最も効率のよい学習スケジュールに基づいて作られたのがこの本。「20年以上にわたってTOEICを教えてきた、おそらく日本で唯一の人間」と自称する著者ロバート・ヒルキ氏が、長年の経験と学習ノウハウから生み出した、「スコアが上がりやすい順に学ぶ」無敵の11日間即効プログラムである。

目次

応答問題
短文穴埋め問題
長文穴埋め問題
写真描写問題
読解問題
会話問題
説明文問題
完全模擬試験

著者等紹介

ヒルキ,ロバート[ヒルキ,ロバート][Hilke,Robert]
企業研修トレーナー。元国際基督教大学専任講師、カリフォルニア大学大学院修了(言語学)。異文化研修およびTOEIC、TOEFL、GREなど、テスト対策のエキスパート。これらの講座を国際的な大企業向けに年間約250日行う。TOEIC関連著書は40冊を超え、TOEIC関連セミナーでの教授歴は20数年間に及ぶ。旧テストは数十回、新テストは初回から連続5回受験し(本書刊行時)、その傾向・特徴を完全に読み切った

ワーデン,ポール[ワーデン,ポール][Wadden,Paul]
国際基督教大学英語教育課程準教授。ヴァーモント大学大学院修了(修辞学)。イリノイ州立大学大学院修了(英米文学博士)。ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストなどの新聞・雑誌に執筆。TOEIC、TOEFL対策教材の著書は50冊を超える。ロバート・ヒルキ氏とともに長年、TOEICテストの受験・問題分析を重ね、その特徴・傾向を知り尽くしたTOEICエキスパート。Wadden Research and Writing Associates上席研究員所長

ヒロ前田[ヒロマエダ]
TOEICテスト研修トレーナー。神戸大学経営学部卒業。2001年、ヒルキ氏の人気講座「TOEICテスト730点突破ゼミ」をプロデュース。アルクおよび全国の大学・大学生協でスコアアップ指導をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaC

36
そういう技術(テク)があるのは知ってるけど日本誤変換しないことで高速解答を実現している自分にはかえって逆効果かな。模擬問題もこの技術の訓練向けであまり良質とはいえない感じ。ということで引き続き正攻法で励みます。2015/01/10

わたなべたけし

16
TOEICの点数を上げるという視点から、短期間で上げやすいPART順で、そのテクニックを学ぶ。 もちろんテクニックだけでは点は伸ばせない。文法も大事だし、単語力も高い程良い。ただ、本書の内容は知らないと大きな差のでるものばかり。 時間をどううまくマネジメントするか?が問われるTOEICテスト。特にリーディングパートは、テクニックを多用したいと思う。2015/01/10

はるゆう

6
リーディングでの時間配分、リスニングでのマークシートの扱い方など、タイムマネジメントに関する具体的な方法が載っていて、実際の試験でも参考になった。こういったノウハウ的なものは、数をこなせば自然とわかってくるのかもしれないが、そんな時間的・金銭的な余裕がないので、こういった本でさっと身につければよいのだろう。あと、TOEICは日本発祥、というのも初めて知った・・・。2012/01/29

quickroad0529

5
新2明5応5◎二回目。良い問題集。次は公式問題集2014/10/10

sek

5
英語の実力はさておいてスコアを630からあと100点あげたいのと、7回読みを試みたくて。5回読んだだけじゃボヤっとしか頭に入らず。6回目を読んで公式問題を説いてみる。いつもより解けてる?解けてない?よくわからない。このテクニックで100〜150点上がる人は、元々の英語力がある程度ある人でしょう!700の壁を舐めてた。2014/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/57313
  • ご注意事項