サイエンス・イマジネーション―科学とSFの最前線、そして未来へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 447p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757160392
  • NDC分類 902.3
  • Cコード C0093

内容説明

新作短篇一挙掲載!科学とSFが夢を育む。

目次

第1部 ヒトと機械の境界を超える(ヒューマノイド・ロボット研究の現場より;マッドサイエンティスト、SF、神経倫理;ロボットボディ・ロボットマインド;究極のサイバーインタフェースのつくり方 ほか)
第2部 意識と情報の進化論(鳴き声から意識へ;構成的リアリティの社会へのグラウンディング;想像力の勝負―SF対研究;他に知能は存在するのか? ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハノ

4
こんなシンポジウムがあったとは知りませんでしたが、研究員の方々の発表がとても面白い!個人的に一番へぇ!となったのは発声学習について。呼吸の自発的制御が大前提にあるとは。それら最先端の研究が輝かしすぎるため、アンサーソングの小説たちが精彩を欠いているように感じてしまったのは少し残念…2011/01/07

シロビ

3
研究者の方々のプレゼンとても面白かった。この内容で2007年…今はもっと先の科学になっていると思うとそれだけでわくわくします。個人的には國吉さんと橋本さんの研究が興味深かった。answer songは3~5が好き。同じ認識を持った中で生まれたストーリーだなぁという印象を持ちました。小松さんの話はもっとききたかった…。人間の思考ってやっぱり面白い。世界の見えないところを想像する癖。自分として生きている実感が欲しい。隣のあなたの気持ちが知りたい。知らないことに出会いたい。可愛い。2016/09/07

磁石

3
 お気に入りの作家の短編が出ているので読んでみたけど、科学者サイトのインタビューもなかなか面白かった。話の内容は8割ほどついていけなかったけど、科学とSFは、互いに反発し合うものでも片方に寄生するものでもなく、相補的な関係を築けるというのが、インタビューの中からも小説の中からも見て取ることができた。面白かったです。2013/04/30

GASHOW

2
学会に参加した臨場感があった。2007年であったといわれたが、古さを感じなかった。ほかの学会の講演もこのように書籍にしてもらえればいいですね。2015/12/07

okaka

2
「人型」を作る事を研究している科学者たちのプレゼンと、その返歌としての小説がサンドイッチになった本。お題が決まっているためなのかリアルタイムで起こっている事の方がインパクトが強いのか、小説側はちょい押され気味といった印象。2014/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/467496

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。