テレビの青春

個数:

テレビの青春

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月16日 08時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 511p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757150669
  • NDC分類 699.21
  • Cコード C0095

出版社内容情報

テレビ創成期の生き証人による回想記。民放設立初期の生々しい現実を描きながら、現在に続くテレビ的問題の起源を解き明かす。

内容説明

1960年代―『私は貝になりたい』『七人の刑事』『ウルトラマン』『陽のあたる坂道』『遠くへ行きたい』…荒野を拓いてきた若者たちの夢と修羅のテレビ史。

目次

第1章 その年が「テレビ元年」だった
第2章 荒野のテレビは、いずこも同じ修羅場だった
第3章 惨憺たる現場に耐えかねて、同人誌を創刊した
第4章 同人誌は暗礁に乗り、それぞれの道を歩き始めた
第5章 ニュースからドラマまで、テレビで何ができるか
第6章 テレビ俗悪論争と芸術祭のはざまで
第7章 テレビの黄金時代を振り返って
第8章 TBS闘争は青春の終わりだったのか
第9章 青春の終わりの始まりに

著者等紹介

今野勉[コンノツトム]
演出家、脚本家。1936年秋田県生まれ。北海道夕張市育ち。1959年ラジオ東京(現・東京放送)入社、テレビ演出部配属。『土曜と月曜の間』『七人の刑事』などのドラマの演出にたずさわる。1970年仲間とテレビマンユニオン創立。『遠くへ行きたい』『欧州から愛をこめて』『海は甦る』などを演出。1995年のドキュメンタリードラマ『こころの王国・童謡詩人金子みすゞの世界』で芸術選奨文部大臣賞受賞。他にイタリア賞、放送文化基金賞個人賞など受賞多数。1998年の長野冬季オリンピック開・閉会式のプロデューサー(会場演出・映像監督)、元・武蔵野美術大学映像学科教授。現在、テレビマンユニオン取締役副会長、放送人の会代表幹事など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。