神聖なる海獣―なぜ鯨が西洋で特別扱いされるのか

個数:

神聖なる海獣―なぜ鯨が西洋で特別扱いされるのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 04時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779505577
  • NDC分類 664.9
  • Cコード C0036

内容説明

欧米人の鯨観の謎に迫り、その恣意性を暴く。誰が何の目的で鯨を神聖視し特別扱いし、メディアがどのように表象してきたか―その過程を徹底的に解き明かす。

目次

第1章 鯨の自然史、捕鯨の歴史
第2章 動物保護運動と鯨
第3章 捕鯨問題の政治性
第4章 抗議ビジネスとしての環境保護
第5章 メディアと鯨
第6章 捕鯨文化と世界観

著者等紹介

河島基弘[カワシマモトヒロ]
1965年静岡県に生まれる。1988年早稲田大学政治経済学部卒業。時事通信社入社。(記者職)。1998年時事通信社退職。エセックス大学社会学部修士課程修了。1999年ロンドン大学経済政治学院(LSE)社会人類学部修士課程修了。2004年エセックス大学社会学部博士課程修了。(PhD in Sociology)。現在、群馬大学専任講師。(専攻/文化社会学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サメ社会学者Ricky

1
再読。反捕鯨に対する反論としてシンガーの理論を持ってきたのは興味深いが、反論の元になるシンガー自身はクジラはおろか他の痛みを感じる可能性が高い動物全ての利用に反対しているので、最終的にはそこの解決も必要ではないだろうか。2020/06/05

サメ社会学者Ricky

1
文化的特異性、神秘性、ユニークさなど反捕鯨勢力が主張する多くの魅力がカンガルーなど平気で殺されている生き物にも当てはまるものである。日本の漁業における資源管理がどこまで信用に足るものかという懸念はあるものの、理性的に捕鯨の全面禁止を訴えるのにはたしかに無理がある。しかし、無理があるから捕鯨を嫌悪するなとは言えない。恣意的であることを自覚した上で、然るべき環境配慮を促進することはむしろ必要だと僕はほか思う。2018/02/04

サメ社会学者Ricky

0
著者は反捕鯨論者の主張が矛盾して一方的である際にシンガーの種差別をもとにしている部分があるが、シンガーが仮に捕鯨について語るなら、間違いなくシンガーは捕鯨に反対するであろうから、議論として危うい気がする。それでも、本書で取り上げられるように、反捕鯨論者の主張の一部が押し付けであることは否定できないだろう。2017/10/16

サメ社会学者Ricky

0
西洋の反捕鯨論の矛盾、浅はかさ、誤りを追求する本。前に一回読んだけど「こんなに反捕鯨に批判的だったっけ?」と読み直して反省。議論は面白いけど、科学データの詳細な数字に対する言及が少なくて(出典は明らかにしている)、追っていく必要あり。議論の展開の仕方や読みやすさは高評価。2017/07/23

ひろただでござる

0
どれだけ事実を並べてみても認めたくないと感情的になっている人を説得する事はできない。その類いの人たちには現実という物が存在しないんだろう。2013/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4052571

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。