われ、ファッション・ブランドを愛す―桃田有造の痛快一代記

電子版価格
¥1,408
  • 電書あり

われ、ファッション・ブランドを愛す―桃田有造の痛快一代記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757150577
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

目次

ファッション・ブランドの父桃田有造
シャガールと石津謙介
『風と共に去りぬ』と茂登山長市郎
十五歳の上海ダンディ
一九三〇年代の上海おしゃれ事情
上海から心斎橋へ
『新青年』と丹下左膳
ラプソディ・イン・上海
コロネット商会とダンヒル
五月革命とジヴァンシー
ミラ・ショーンとクロエ
一九六〇年代パリの匂いと高田賢三
内山完造とフレッド・アステア
上海と高杉晋作

著者等紹介

出石尚三[イズイシショウゾウ]
1944年、香川県高松市生まれ。国際服飾学会会員。64年にファッション界に入り、デザイナー小林秀夫氏に師事。ファッション・デザイン、ファッション・コンサルティング、原稿執筆等に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。