モール化する都市と社会―巨大商業施設論

個数:
  • ポイントキャンペーン

モール化する都市と社会―巨大商業施設論

  • 若林 幹夫【編著】
  • 価格 ¥3,672(本体¥3,400)
  • NTT出版(2013/10発売)
  • 【ウェブストア限定】リニューアル記念キャンペーン ※店舗受取サービスはキャンペーン対象外です。
  • ポイント 68pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年07月25日 18時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 350p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757143180
  • NDC分類 673.8

内容説明

日本の巨大商業施設の変遷を分析するとともに、ショッピングセンター/ショッピングモールに複数の視点からアプローチすることで、現代の都市の論理、社会の論理を多角的に描き出す。

目次

序章 Entrance ショッピングセンター・ショッピングモールのある社会へ
第1章 玉川高島屋SCという起源―巨大商業施設の前史とその誕生
第2章 社会を夢みる巨大商業施設―戦後日本におけるショッピングセンターの系譜
第3章 建築空間/情報空間としてのショッピングモール
第4章 多様性・均質性・巨大性・透過性―ショッピングセンターという場所と、それが生み出す空間
第5章 消費社会という「自然」―商業施設における巨大さの構造転換
終章 Exit あるいはセントラルコート SC・SMから見える現代の都市と社会

著者紹介

若林幹夫[ワカバヤシミキオ]
1962年生まれ。早稲田大学教授。専門は社会学、都市論、メディア論、時間・空間論。東京大学教養学部卒。同大学院社会学研究科博士課程中退。博士(社会学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ショッピングモールから見る、現代の都市と文化とは?

現代のショッピングセンター・ショッピングモールにいたるまでの日本の「巨大商業施設」の歴史を、歴史社会学的記述として分析・記述すると同時に、ショッピングセンター・ショッピングモールに複数の視点からアプローチすることで、多角的に現代の社会、文化、都市について考察する。

序 章 ショッピングセンター・ショッピングモールのある社会へ 若林幹夫
第1章 玉川高島屋ショッピングセンターという起源 楠田恵美
第2章 社会を夢みる巨大商業施設 田中大介
第3章 建築空間/情報空間としてのショッピングモール 南後由和
第4章 多様性・均質性・巨大性・透過性 若林幹夫
第5章 消費社会という「自然」 田中大介
終 章 ショッピングセンター・ショッピングモールから見える現代の都市と社会

【著者紹介】
1962年生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。著書に『熱い都市 冷たい都市・増補版』(青弓社)、『〈時と場〉の変容』(NTT出版)などがある。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件