光文社新書<br> 健さんと文太―映画プロデューサーの仕事論

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
健さんと文太―映画プロデューサーの仕事論

  • 日下部 五朗【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 光文社(2015/12発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 22時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 243p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334038977
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0274

内容説明

高倉健と菅原文太。日本映画界の二つの巨星が、二〇一四年十一月、奇しくも同年同月に世を去った。一九六〇年代以降、任侠映画の代名詞となった健さん、七〇年代に実録路線を邁進した文太。彼らとともに歩んだ稀代のプロデューサーが、二大スターの素顔と魅力を縦横に語る。あわせて、敏腕プロデューサーならではの企画立案、キャスティング、予算管理、進行の一部始終を明かす。頭一つ抜けるためのアイデアの発想法やヒットの狙い方など、あらゆるモノづくりに通底するヒントを一挙披露!

目次

第1章 健さんの時代(「忠臣蔵で行け!」;新しい映画が始まった;狷介な人)
第2章 文太の時代(「薄気味の悪い、危険な人物」;「仁義なき戦い」前史;リアリティのさらなる追求)
第3章 一スジ、二ヌケ、三ドウサ―私の愛した脚本家、監督、俳優(京都に映画人あり;スジで八割が決まる;すごい演出家はホンを超える;演技をしないのがスターである)
第4章 プロデューサーは企画屋である(プロデューサーは金を残せるか;好奇心、そして軽いフットワーク;売れる映画とはなにか―破廉恥、かつ意欲的な東映スピリット)

著者等紹介

日下部五朗[クサカベゴロウ]
1934年、岐阜県生まれ。早稲田大学を経て、’57年に東映入社。プロデューサーとして、「日本侠客伝」「緋牝丹博徒」「仁義なき戦い」「極道の妻たち」などを手がける。’83年、「楢山節考」でカンヌ国際映画祭パルムドールを、’85年の「花いちもんめ」で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。’78年に深作欣二監督と組んだ「柳生一族の陰謀」で自身最高の配給収入を上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ホークス

34
2015年刊。『仁義なき戦い』『極道の妻たち』等のプロデューサーが、高倉健と菅原文太、邦画や東映の来し方について語る。スキャンダルや当時のモラルが生々しく書かれていて面白い。時代劇が衰退して任侠映画が主流になり、高倉健は『網走番外地』など9年で38本も出た。時代はさらにリアルに向かい、菅原文太の『仁義なき戦い』など実録物が人気を得る。しかし陰惨な話は衝撃的だけど飽きられるのも早い。映画産業全体も凋落して行く。本書にはストイックな高倉健と開けっぴろげな菅原文太の他、多数の役者や映画人の話が詰まっている。2021/06/12

スプリント

5
サブタイトルである映画プロデューサーの仕事論が本編です。高倉健と菅原文太の話はそれほど分量は多くありません。日本映画の業界裏話としては面白い内容でした。2016/05/31

まさやん80

3
「健さんと文太」という表題だが、それよりも副題のプロデューサーの仕事論に多くが費やされる。日下部さんの本は、以前に「シネマの極道」を読んでいるが、本作の方がざっくばらんに俳優や監督、脚本家について語っている。なかには、そんなこと言ってもいいのというものもあるが、日下部さんくらいにベテランになると、もう怖いものなしというところもあるのだろう。なかなか語られない裏話が満載で、とても面白い本です。2016/06/24

苑田 謙

3
同じ様な話ばかりやっていた東映だから、差異化が必要で、逆説的に笠原和夫みたいな脚本家が育った。深作欣二は無類の編集好きで、『仁義なき戦い』のスピード感は周到なハサミの入れ方の成果。エロスに定評ある五社英雄は、実は女優の扱いが下手で嫌われていた。岡田茂社長はケチんぼだが、濡れ場があるとくすぐればOKを出した。日本映画、なんてすばらしい世界なんだ。なぜ滅びてしまったんだ。2016/01/22

桑畑みの吉

2
元東映社員プロデューサーによって語られる仕事論。今まで接してきた俳優や監督・脚本家等スタッフについての話が80%、映画のプロデュースとは何ぞや的な部分が20%位の分量である。著者は「アイデアを含めて、すぐに人に取られるから、フットワークが軽くないといけない。」「山っ気が欲しい」と書いている。奇しくも梶芽衣子さんは自ら企画した『鬼龍院花子の生涯』を日下部氏に取(盗)られ、その後も不愉快な対応をされたと告白本で暴露していた。品行方正だけでは映画のプロデューサーは務まらないという具体的なエピソードであろう。2019/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10131966

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。