• ポイントキャンペーン

少女マンガの表現機構―ひらかれたマンガ表現史と「手塚治虫」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 330p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757143142
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

内容説明

手塚治虫の少女マンガ作品は、なぜ語られないのか?手塚治虫研究の中でも十分に論じられてこなかった「少女マンガ作品」の詳解をとおして、日本のマンガ研究に新たな視角を与える。

目次

序章 手塚少女マンガ作品をめぐる空白―本書の目的と構成(問題の所在;マンガ論における手塚の位置づけ ほか)
第1章 手塚の少女マンガ作品はなぜ語られないのか―先行研究の検討(「マンガ観」をめぐる問題としての「定義」と「起源」;手塚治虫研究に関する批判的検討 ほか)
第2章 登場人物の構成と表現の機構―「リボンの騎士」再考(「少女マンガらしさ」という前提;「リボンの騎士」における性別の描き分け ほか)
第3章 手塚治虫における少女マンガ作品―「ナスビ女王」「エンゼルの丘」分析を中心に(作品分析の視角と目的;「ナスビ女王」における登場人物の描写と「内面」の構築 ほか)
第4章 「マンガ」を論じるために―課題と展望(「マンガ」を論じる上での課題と展望;「手塚治虫のマンガ」を論じるために ほか)

著者等紹介

岩下朋世[イワシタホウセイ]
1978年鹿児島市生まれ。相模女子大学学芸学部メディア情報学科専任講師。専門はマンガ研究、メディア論。2008年東北大学大学院情報科学研究科博士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

手塚治虫研究の中でも十分に論じられてこなかった「少女漫画作品」の詳解をとおして、これまでの少女漫画研究に新たな視角を与える。

手塚治虫研究の中でも十分に論じられてこなかった「少女マンガ作品」の詳解をとおして、手塚を通じて体系化してきた日本のマンガ研究の枠組みがもつ「問題」を鮮やかに示す。これまでの少女マンガ研究に新たな視角を与え、マンガ論・マンガ史を更新する。

序 章
第一章 手?怩フ少女マンガ作品はなぜ語られないのか――先行研究の検討
 0 「マンガ観」をめぐる問題としての「定義」と「起源」
 1 手?恷。虫研究に関する批判的検討
 2 少女マンガ論に関する批判的検討
 3 『リボンの騎士』に関する先行研究の検討
 4 本書における問題設定
第二章 『リボンの騎士』における表現の機構
 0 本章の目的
 1 『リボンの騎士』における性別の描き分け
 2 マンガにおける登場人物の構成
 3 サファイヤの描き分けに見る登場人物の構成
 4 登場人物の「内面」の構築
 5 『リボンの騎士』における「内面」の描写
第三章 手?恷。虫における少女マンガ作品――『ナスビ女王』『エンゼルの丘』分析を中心に
 0 前章までの議論の整理
 1 『ナスビ女王』における登場人物の描写と「内面」の構築
 2 『エンゼルの丘』における登場人物の描写と「内面」の構築
 3 『双子の騎士』とリメイク版における内面の描写
第四章 手?怦ネ降のマンガ作品を論じるために
 0 「マンガ」を論じる上での課題と展望
 1 「手塚治虫のマンガ」を論じるために
 2 「少女マンガ」を論じるために
 3 「マンガ」を論じるために
 4 本書のまとめ

【著者紹介】
1978年生まれ。相模女子大学学芸学部メディア情報学科専任講師。専門はマンガ研究、メディア論。論文に「手塚治虫「リボンの騎士」における「性別越境」の両義性」(『マンガ研究』9号、日本マンガ学会)、「マンガはいかにして「 人間」 を錬成するのか?『鋼の錬金術師』 における「 身体」 と「内面」」(『ユリイカ』2010年12月号、青土社)がある。