お嬢さん、空を飛ぶ―草創期の飛行機を巡る物語

個数:

お嬢さん、空を飛ぶ―草創期の飛行機を巡る物語

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 299p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757142718
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0020

出版社内容情報

空に憧れて飛んだ女性たちの素顔

大正5年に来日した女性飛行士キャサリン・スティンソンが巻き起こした飛行機ブームに始まり、空をめざした女性たちの活躍、社会の偏見との戦い、飛行機を使った新聞の報道合戦、文学者たちの感想など、大正から平成までの飛行機と女性をめぐる、知られざる物語

1 来日したアメリカ娘
2 200通のファンレター
3 パリと晶子と飛行機と
4 空を飛んだ女性記者
5 「空の大航海時代」と新聞
6 文学者と飛行機
7 草創期の女性パイロット
8 それぞれの空へ
9 ペンと飛行機を愛して
10 永遠のヒロイン、アメリア・イアハート
11 お嬢さんパイロットの雄飛
12 キャサリンに続く女性たち

【著者紹介】
歌人、フリーライター。元毎日新聞記者。著書に『物語のはじまり』(中央公論新社)、『31文字のなかの科学』(NTT出版、科学ジャーナリスト賞受賞)などがある。

内容説明

大空がもっと広かったころ少女たちは飛ぶ夢をみた。大正時代、日本人を熱狂させた飛行機乗りの女性がいた。その名はキャサリン・スティンソン。やがて日本の少女たちも大空を目指してはばたき始める―

目次

来日したアメリカ娘
二百通のファンレター
パリと晶子と飛行機と
空を飛んだ女性記者
「空の大航海時代」と新聞
文学者と飛行機
草創期の女性パイロット
それぞれの空へ
ペンと飛行機を愛して
永遠のヒロイン―アメリア・イアハート
お嬢さんパイロットの挑戦
キャサリンに続く女性たち

著者等紹介

松村由利子[マツムラユリコ]
1960年福岡県生まれ。歌人、フリーライター。84年朝日新聞社入社、翌年退社。86年毎日新聞社入社。千葉支局、生活家庭部、学芸部、科学環境部等を経て2006年6月からフリーランスに。著書に『与謝野晶子』(中央公論新社/平塚らいてう賞)、『31文字のなかの科学』(NTT出版/科学ジャーナリスト賞)、歌集に『大女伝説』(短歌研究社/葛原妙子賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Miyoshi Hirotaka

20
人間が空を飛ぶことが信じられないことで、飛行機が飛ぶ姿を見ることだけでも大きな興奮を覚えた時代があった。そんな時、若い米国人女性が曲芸飛行をするという新鮮さに人々は昂揚した。この痛々しいほどの昂揚がわからないと飛行機の歴史はわからない。少年だった本田宗一郎、堀越次郎、糸川英夫だけではない。空を飛びたいと果敢に挑戦した女性たちがいた。飛行機が安全な乗り物ではなかった時代、航空界は冒険と挑戦の山で、課題はどれも命がけ。自分の可能性を一点の曇りなく信じ、目標に向かって突き進んだ先人たちの生き方は素晴らしい。2014/02/15

みーまりぽん

17
大正5年(1916)、女性パイロットとして初めて日本の空を飛んで魅せたス嬢ことキャサリン・スティンソン。彼女の飛行は、おりしも自我に目覚め始めた日本の若い女性たちに大いなる熱狂や憧れをもたらした。やがてその中から、日本女性のパイロットも誕生してゆくが、華々しく空を舞う「新しい女」たちへの風当たりは強く、ゴシップ記事につぶされたり、戦前には一等操縦士の規定「19歳以上の男性」という壁があったり。結果、飛行機を巡る物語は、女性の地位向上・男女均等を巡る物語である。しかし・・・勇敢で可愛い少女はやっぱええなあ♪2020/10/09

ともがら

3
荻野吟子さんを書いた「花埋み」を読んで以来、女性で初めてということに興味がわき、いろいろな分野のものを読んできた 今でも多くのハラスメントは女性に対してが多く、それらを乗り越えてこられた先駆者には、ただただ敬服します また軍隊と新聞社の飛行機でのつながりの章があり、たまたま先に神立尚紀氏の「零戦」を読み終え、松村さんのエピローグでの「飛行機が戦争やテロに利用されることのないよう」に思いを同じくにします2016/01/21

空飛び猫

3
空への憧れ。 地上の障害。 女性の社会進出の象徴として。2014/02/08

takao

2
ふむ2023/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7477171
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。