キーボード配列QWERTYの謎

個数:

キーボード配列QWERTYの謎

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月23日 14時25分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 211p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757141766
  • NDC分類 548.21

内容説明

タイプライターの父、クリストファー・レイサム・ショールズによる発明から、私たちが毎日触れるコンピュータのキーボードに至るまで、図版124点余、開発時のエピソード満載で、キー配列140年の謎を解明する。

目次

第1章 ジ・アメリカン・タイプ・ライター
第2章 QWERTY配列の誕生
第3章 小文字が打てるタイプライター
第4章 女性参政権運動とタイプライター
第5章 タッチタイピングの登場
第6章 ザ・タイプライター・トラスト
第7章 遠隔タイプライターと文字コード
第8章 ドボラック配列とアンチQWERTY説
終章 なぜコンピュータのキーボードはQWERTY配列になったか

著者紹介

安岡孝一[ヤスオカコウイチ]
1965年生まれ。京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター准教授。京都大学大学院工学研究科修了、京都大学博士(工学)

安岡素子[ヤスオカモトコ]
1971年生まれ。京都外国語大学非常勤講師。奈良教育大学大学院教育学研究科修了、奈良教育大学修士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)