日本の〈現代〉<br> 大学の反省

日本の〈現代〉
大学の反省

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757141025
  • NDC分類 377.21
  • Cコード C0037

内容説明

いま大学に何が必要か。難問が山積し、魅力を失い始めた日本の大学。その現状を正確に透視し、新たな希望の道を探る。

目次

1 変化と現況(不完全な改革;「憧れ」の喪失)
2 知識の公共性(知識の探求と自由の保障;産業社会における人文学)
3 知識生産の分業と協業(産業と学問;専門的職業人とエリート)
4 適正な競争に向けて(競争と質の保証;大学の国際化;知の権力の分散)
結びにかえて―三つの提言

著者等紹介

猪木武徳[イノキタケノリ]
国際日本文化研究センター所長。1945年生まれ。京都大学経済学部卒業、マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了。大阪大学経済学部教授、国際日本文化研究センター教授を経て、2008年より現職。専門は労働経済学、経済思想、現代日本経済史。おもな著作に『経済思想』(岩波書店、1987年、サントリー学芸賞、日経・経済図書文化賞)、『自由と秩序―競争社会の二つの顔』(中央公論新社、2001年、読売・吉野作造賞)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。