この時代に想うテロへの眼差し

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784757140349
  • NDC分類 316.4
  • Cコード C0095

出版社内容情報

2001年9月11日の前と後。矛盾、悲劇、そして希望。同時多発テロ以降に書かれた3つのテクストに、大江健三郎氏との往復書簡。「戦争と写真」をめぐる考察などを加えた日本独自編纂。

内容説明

2001年9月11日の「前」と「後」。矛盾、悲劇、そして希望。同時多発テロ以降に書かれた3つのテクストに、大江健三郎氏との往復書簡、「戦争と写真」をめぐる考察などを加えた日本独自編纂。

目次

1 Afer September11(二日後・於ベルリン;一週間後・於パリ;数週間後・於ニューヨーク)
2 Before September11(サラエヴォでゴドーを待ちながら;未来に向けて―往復書簡;戦争と写真―アムネスティ講演;エルサレム賞スピーチ)

著者等紹介

ソンタグ,スーザン[ソンタグ,スーザン][Sontag,Susan]
1933年生まれ。批評家・作家。米国で最も精力的な知的営為を続ける批評家のひとり。99年に発表した小説『In America』は、2000年のNational Book Awardを受賞した

木幡和枝[コバタカズエ]
上智大学卒。アート・プロデューサー。東京芸術大学先端芸術表現科教授、P.S.1現代美術センター(ニューヨーク)客員キュレター・東京代表
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きゅー

13
911の2日後、1週間後、数週間後に書かれた記事は、いま読んでも違和感を感じないほど冷静だ。彼女自身が事件の起きた時にヨーロッパにいたということも関係しているだろうが、感情的にテロリズムを弾劾したりしないどころか、テロ首謀者たちのある種の勇敢さにまで言及する知的視力の強さには恐れ入る。そして、この一冊の白眉は「サラエヴォでゴドーを待ちながら」だ。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争において、包囲されたサラエヴォにソンタグは長期滞在し劇を上演する。その時の体験談、メディアの功罪についてのエッセイは一読に値する。2016/07/21

FreakyRider

3
大江健三郎との往復書簡。日本がファシズム化し、右傾化していく、という意見に対しての反論。戦争に反対することが良いことだ、とはならない。その例としてカンボジアのポルポト、ユーゴスラビアのミシェロビッチに対する攻撃が挙げられている。そして、ファシズムはエイズと同じように今や隠喩、そう、「隠喩としてのファシズム」となっていると。日本の左翼思想の限界を見た気がする。結局、戦争が嫌いだから戦争のことは知りたくない、となっている気がする。そこを超えないと、保守政権は抑えられないだろうな。2016/01/13

かふ

1
ソンタグと大江健三郎の往復書簡。大江の「NATOの空爆」というソンタグの感情を逆なでする不本意な言葉だったのだろうか。安全圏でTVの前でニュースを見ているものには理解しがたい恐怖。それはごく普通の人にある悪意。人間の本性に関する認識、例えば原爆を使う人間を異常とするのではなく、そういう悪意があることをソンタグが言う。ジェノサイドに潜む誰もが持つ悪意。「プラトンは、われわれには剥奪、苦悩、人身破壊を見たいという欲望-反発を覚えるが、純正な-もまたあることを、当然のこととしている。」2013/03/27

里のフクロウ

0
ソンタグが作家の実践行為として発する「言葉」に、ギリギリまでに研ぎ澄まされた厳しさ、己に対する厳しい姿勢を感じる著作であった。例えば、大江健三郎との往復書簡での大江の発した「ファシズム」に対するソンタグの態度には、言葉にはそれ自体のイメージとしての意味だけではなく、時間経過に伴う歴史的価値と重さを意味として内包していることを思い知らされ、思わず緊張させられ怯んでしまった。この態度は「エルサレム賞」受賞に際して彼の地でも披瀝されていたことに自身の断固とした姿勢とその厳しさを知ることが出来た。2015/03/04

ときお

0
「サラエヴォで、ゴドーを待ちながら」収録2014/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/381554

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。