ニュー・チャイルドフッド―つながりあった世界で生きる知恵を育む教育

個数:

ニュー・チャイルドフッド―つながりあった世界で生きる知恵を育む教育

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 15時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 303p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757123762
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0037

出版社内容情報

ゲームとYouTubeに夢中になる子どもに、どう向き合う!?

デジタルな遊びは、子どもたちに、双方向につながりあった世界との関わり方、物事の考え方、協力のしかた、生き方、学び方を教えてくれる貴重なチャンスだ。そうした新しい遊びを通した子育てを、家庭、学校、社会でどのように実践して行くべきか? 子どもたちが「つながる」力を養うために、親にできることは何か? 心理学と哲学と経済を思いもよらない方法で結び付け、子どもたちが楽しんで学べるデジタルデバイスの活用法、21世紀型スキルの育み方、親としての心構えなどをまとめた、デジタル世代の子育て論。

内容説明

デジタルな遊びは、子どもたちに、これからの時代の物事の考え方、協力のしかた、生き方、学び方を教えてくれる貴重なチャンスだ。そうした新しい遊びを通した子育てを、家庭、学校、社会でどのように実践していくか?子どもたちが「生きる」力を養うために、親にできることは何か?心理学、哲学、経済学を思いもよらない方法で結びつけ、楽しく学べるゲームやデバイスの活用法、21世紀型スキルの育み方、親としての心構えをまとめた、新世代の子育て論。

目次

1 自己(新しい物語の時間;新しい遊びの時間 ほか)
2 家庭(新しい家族;新しい暖炉 ほか)
3 学校(新しい学校のチャイム;新しい読み書き ほか)
4 社会(新しい共感力;新しいメディアリテラシー ほか)

著者等紹介

シャピロ,ジョーダン[シャピロ,ジョーダン] [Shapiro,Jordan]
テンプル大学准教授(博士)。教育番組「セサミストリート」の制作団体「セサミワークショップ」シニアフェロー。デジタルな遊びを通した学びの専門家として、心理学、哲学、経済学を結びつけた斬新な提言が、親や教育者に支持されている。「フォーブス」誌に寄稿した「デジタル時代の子育て」に関する連載は、全世界で500万人以上の読者を獲得。子育てとスクリーンタイムについての課題に深く切り込んだ『ニュー・チャイルドフッド―つながりあった世界で生きる知恵を育む教育』はアメリカ本国で話題となり、世界11カ国語で翻訳された

関美和[セキミワ]
翻訳家。杏林大学外国語学部特任准教授。慶應義塾大学文学部・法学部卒業。ハーバード・ビジネススクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行を経てクレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める。アジア女子大学(バングラデシュ)支援財団理事。訳書多数

村瀬隆宗[ムラセタカムネ]
翻訳家・通訳ガイド。慶應義塾大学商学部卒業。産業翻訳者としてスポーツ、金融、経済関連の翻訳を手がけ、映像・出版翻訳にも従事。通訳者・翻訳者養成学校ISSインスティテュート講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

山のトンネル

5
ゲームにはまってしまうのは悪いことなのか? この問いに対する最も有効な回答はおそらく本書にある。この本が明らかにするのは、ゲームの文化的な側面であり、デジタルな遊びが人々にどんな影響を与えるかの展望だ。 2022/08/31

☆ツイテル☆

2
フライヤー2021/11/06

Shori

1
WIRED書評より。テクノロジー恐怖症に陥ることなく、Web、デバイス、ゲームやサービスへの向き合い方へのガイドを提示してくれる。YouTubeとぬりえアプリが大好きな娘に感じてしまう葛藤が少し和らいだかも。 メモ>①自分が子供の頃に愛した伝統の多くは、特定の時代と場所よ産物にすぎない。つながりあう世界への移行をデジタルな遊びを通じて行う。②子供と一緒に遊ぶ=自信と自尊心を育む。デバイスは新しい"毛布"=愛着対象。③知識の入れ物ではなく接続ノード。データに意味を持たせる文脈を生み出す2022/10/23

ゆかり

1
「書き記された言葉からは真実は生まれない」byソクラテス 子どもがスマホから離れられないのを見て意味なく不安になったら、「書き言葉もスマホやタブレットと同じように当初は批判にさらされていた(けど今は人間になくてはならないもの)」と思い出すとしますか…2021/12/03

tomo_mana

1
「デジタル時代の子育て」のフォーブス誌へのコラムで好評を得た大学准教授による著書。画面・アバターとして世界と繋がるようになった子どもの環境で、親が順応するための知恵。心理学、哲学、経済学がミックスしたアナロジーに溢れる洞察。 ゲームを創る側の立場、また端末を与えている親の立場として子どもと関わるには、子の見ているもの、感じているものを側にいて一緒に感じ(読み聞かせ)、また子のオンラインでの旅と得られる学びを信じながら、事あるごとに導き、壁、抜け穴となる(旅のお供としての)親の存在が欠かせないと感じた。2021/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18170359
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。