日本のエネルギー問題

個数:

日本のエネルギー問題

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757123168
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0033

出版社内容情報

3・11以降のエネルギー問題を展望する!

東日本大震災・福島第一原発事故以降の日本のエネルギー環境・政策をいかに考えるべきか。原子力問題、電力改革、再生可能エネルギーからガス、石油、石炭まで広く現状を分析する。感情論を廃したリアルでポジティブな議論がいま、求められている!

序 章 エネルギー問題――求められる四つの視点
第1章 リアルでポジティブな原発のたたみ方・再論
第2章 電力改革とビジネスモデルの転換
第3章 再生可能エネルギー普及への課題
第4章 省エネが地球を救う
第5章 天然ガスシフト実現への課題
第6章 逆転の発想がもたらす石炭の高度利用
第7章 石油産業の競争力強化と成長フロンティア
第8章 分散型エネルギー・LPガスの再評価
終 章 エネルギー政策とエネルギー産業のゆくえ

【著者紹介】
1951年生まれ。一橋大学商学部研究科教授。著書に『原子力発電をどうするか』(名古屋大学出版会)、『「希望学」日本再生への道』(化学工業日報社)などがある。

内容説明

現実的な“解答”はあるのか総合的視点から核心に迫る。東日本大震災以降、日本のエネルギー政策は大転換を迫られているエネルギー産業の現状と歴史を踏まえ、問題の見取り図を提示する。

目次

序 エネルギー問題―求められる四つの視点
第1章 リアルでポジティブな原発のたたみ方・再論
第2章 電力改革―3・11後のあるべき姿
第3章 再生可能エネルギーの課題
第4章 省エネが地球を救う―「省エネ先進国」日本の役割
第5章 天然ガスシフト実現へ―シェールガス革命後
第6章 石炭の高度利用―エネルギー政策の重要な柱
第7章 石油産業の競争力を強化する―克服すべき二つの弱点
第8章 LPガスの再評価―分散型エネルギーの強み
終章 エネルギー問題展望

著者等紹介

橘川武郎[キッカワタケオ]
1951年和歌山県生まれ。一橋大学大学院商学研究科教授(経済学博士)。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件