モジュール化の終焉―統合への回帰

電子版価格 ¥3,168
  • 電書あり

モジュール化の終焉―統合への回帰

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 272p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757122505
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C3033

内容説明

iPhoneの隆盛、クラウドの広がり、グーグルの成長…統合への回帰による産業構造の変化と、日本企業復活の可能性。歴史的考察と実証分析によるIT産業の未来像。

目次

第1章 モジュール化の嵐
第2章 モジュール化の原因
第3章 ケース・スタディ―ワープロ専用機
第4章 技術革新のサイクル説
第5章 統合への回帰
第6章 統合型パソコンの可能性
第7章 展望―統合化の意味するもの

著者等紹介

田中辰雄[タナカタツオ]
慶應義塾大学経済学部准教授。1988年東京大学大学院経済研究科単位取得退学。国際大学グローバルコミュニケーションセンター研究員、コロンビア大学客員研究員を経て、1999年より現職。2003年~2006年公正取引委員会競争政策研究センター客員研究員。2006年より富士通総研客員研究員、経済産業研究所ファカルティフェロー。2008年より国際大学グローバルコミュニケーションセンター主幹研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。