データで読み解くモバイル利用トレンド〈2022‐2023〉

個数:

データで読み解くモバイル利用トレンド〈2022‐2023〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 02時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784757104037
  • NDC分類 694
  • Cコード C0055

出版社内容情報

スマホ所有率、60代は9割、70代は7割に。小学生のスマホ所有率はキッズケータイを上回る――
モバイル端末の利用実態と変遷をNTTドコモ・モバイル社会研究所のオリジナル調査に基づき解説、全170データを収録。
マーケティングや商品開発、子供・若者・シニアの利用実態把握等に役立つデータブックの決定版。
2022-2023年版は、新たに「ニューノーマル」「防災・減災」の項目を追加、コロナ禍で変化したライフスタイルをデータで可視化する。

内容説明

モバイルICTの使われ方の実態と移り変わりをデータで解説。当研究所のオリジナル調査による豊富なデータを掲載。メタバース、Beyond 5G、コロナ禍と在宅、スマホ決済など、時代を切り取るコラムを多数掲載。

目次

2021~2022年のモバイルICT社会トレンド総括
第1章 携帯電話の所有・利用状況
第2章 モバイルコミュニケーション
第3章 コンテンツとメディア
第4章 ニューノーマル
第5章 安心・安全
第6章 防災・減災とICT利用
第7章 子どものICT利用
第8章 シニアの生活実態とICT利用
補章 本書におけるオリジナル調査概要

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

昌也

1
再読:<ひきこもり>の利用に関してチェックしたい。2023/01/26

こうきち

0
Kindle 0円。基本的には、アンケートを中心にしたデータ本にコラムが入っている感じ。データを観たい方にしかお勧めできない2023/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20275872
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。