ビットコインとブロックチェーン―暗号通貨を支える技術

個数:

ビットコインとブロックチェーン―暗号通貨を支える技術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月24日 06時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 301p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784757103672
  • NDC分類 338
  • Cコード C3055

出版社内容情報

世の中を変えるFinTechのバイブル、邦訳がついに登場!注目を集めているFinTech(Financial Technology=ITを活用した新しい金融サービス)の本命技術と言われている「ブロックチェーン」に基づく暗号通貨「ビットコイン」の本格的な解説書。
ビットコインの背後にあるブロックチェーン、暗号理論、P2Pネットワーク等を詳細に記載し、グラフや具体例を示しながらわかりやすく解説している。書にはない深い知識が得られる、ビットコイン、ブロックチェーンを理解するための必読書!

第1章 イントロダクション
第2章 ビットコインの仕組み
第3章 ビットコインクライアント
第4章 キー、アドレス、ウォレット
第5章 トランザクション(取引)
第6章 ビットコイン・ネットワーク
第7章 ブロックチェーン
第8章 マイニングとコンセンサス(合意形成)
第9章 代替的なチェーン、通貨、アプリケーション
第10章 ビットコインの安全性
付録

アンドレアス・M・アントノプロス[アンドレアスエムアントノプロス]
1972年ギリシャ生まれ。IT技術者・起業家。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン修了(コンピュータ科学・データ通信・分散システム)。ビットコイン界で最も有名で尊敬されている一人。複雑なテーマをとっつきやすく、理解しやすく解説できる講演者、教師、作家として定評がある。多くのスタートアップ企業の顧問を務め、セキュリティやビジネスリスクについてアドバイスを行う。本書は、ビットコインのための最良の技術的指針であると評価されている。

今井 崇也[イマイ タカヤ]
1980年新潟県生まれ。2007年、新潟大学大学院自然科学研究科修了。理学博士。フロンティアパートナーズ合同会社代表CEO。株式会社ブロックチェーンハブ技術アドバイザー。

鳩貝 淳一郎[ハトガイ ジュンイチロウ]
1979年東京都生まれ。2002年、東京大学経済学部卒業。金融機関勤務。

内容説明

本書は、ビットコイン関連技術書の決定版と言われているMastering Bitcoinの日本語版です。秘密鍵・公開鍵、ブロック、マイニング、トランザクション等の基本概念を詳細に記述し、平易な文章+図表を多用して、わかりやすく解説しています。プログラムコードまでしっかりカバーしつつ、プログラムがわからなくても十分に理解できる構成です。さらに包括的な説明により、広い視野でビットコインとブロックチェーンの生態系を見渡すことができます。

目次

第1章 イントロダクション
第2章 ビットコインの仕組み
第3章 ビットコインクライアント
第4章 鍵、アドレス、ウォレット
第5章 トランザクション
第6章 ビットコインネットワーク
第7章 ブロックチェーン
第8章 マイニングとコンセンサス
第9章 その他のチェーン、通貨、アプリケーション
第10章 ビットコインの安全性

著者等紹介

アントノプロス,アンドレアス・M.[アントノプロス,アンドレアスM.] [Antonopoulos,Andreas M.]
1972年ギリシャ生まれ。IT技術者・起業家。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン修了(コンピュータ科学・データ通信・分散システム)。ビットコイン界で最も有名で尊敬されている一人

今井崇也[イマイタカヤ]
1980年新潟県生まれ。新潟大学大学院自然科学研究科修了。理学博士(素粒子理論物理学)。フロンティアパートナーズ合同会社代表CEO。株式会社ブロックチェーンハブ技術アドバイザー

鳩貝淳一郎[ハトガイジュンイチロウ]
1979年千葉県生まれ。東京大学経済学部卒業。金融機関勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

104
これはビットコインとブロックチェーンに関する今ある本のうちでは、一番内容的に見て決定版なのでしょうね。私は比較的興味があるので、若干この分野やフィンテックについては読んでいるのですが実務的な技術の本だと思います。今後ブロックチェーンなどについて業務につかれる方には必読本となるのでしょう。原書の評価も高いようです。ソースコードも書かれています。私はソースコード関連は読み飛ばしていますが。2016/07/30

えちぜんや よーた

70
予め簡単な本を読んで自分のブログで解説記事を書いたので概要は何となく分かった。ただ精読をしようと思えば自分で手を動かさないと理解できない。ビットコインについては「使える・使えない」が世間で取りざたされている。確かにビットコインネットワークは「全員信頼できない経済的インセンティブのみ」で繋がっているので無駄なエネルギーを消費している。ただ技術の細部を見ると何かと応用がききそうな気はする。来るべき応用に向けて技術のみに特化して学習しておく分には良いのではないか。初学者の方はまずPythonの学習から始めよう。2018/03/05

nori

6
If loading data would not take 2 to 3 days, I might install bitcoind in my Linux box. In this case digital book should be nice. It is pity that there are no detail explanation of forks which are giving big impact to Bitcoin volatility as 2016 published.2017/10/30

shibacho

2
「ビットコインの通貨としての信頼ってP2Pネットワークでみんなで担保してるんでしょ?」みたいなゆるふわな理解ではなく、技術的に厳密にどう実現されているのか知りたいと思って読んだ本。プログラム的な事前知識はもちろんですが、結城浩著「暗号技術入門 第3版」は事前に読んでおきたい。最低でも公開鍵暗号の仕組みを知ってないと読めない。やや翻訳がこなれてない印象ですが、マイナーは本質的には宝くじ的にピットコインを採掘すること、Proof of Work という概念を知ることが出来て有意義な本でした。2017/08/23

mft

2
やっと読めた。仕組みは判った。使ってみようとはならなかった。無駄な計算をひたすらさせた者勝ちという採掘の方法はどうかと思う。そういう意味でオルトコインの primecoin (素数列を探す)とか発想は良さそうに思えたが、サイトを見に行ったら切れてるリンクとかいろいろ酷かった。2017/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11062138
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。