CMCで変わる組織コミュニケーション―企業内SNSの実践から学ぶ

電子版価格
¥2,816
  • 電書あり

CMCで変わる組織コミュニケーション―企業内SNSの実践から学ぶ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 250p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784757102842
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C3034

目次

第1部 理論編(CMCで変わるコミュニケーション;CMCコミュニケーションの様相;CMCがつなぐ社会関係資本)
第2部 実践編(CMCが支える組織変革;CMCで深化する知識経営;CMCが進める協調学習;CMCのオペレーション)
第3部 総括編(CMCが統合するケイパビリティ;CMCコミュニケーションの展望)

著者等紹介

山本修一郎[ヤマモトシュウイチロウ]
名古屋大学情報連携統括本部情報戦略室教授。博士(工学)。1977年、名古屋工業大学情報工学科卒業。1979年、名古屋大学大学院工学研究科情報工学専攻修了。同年、日本電信電話公社入社。2002年、(株)NTTデータ技術開発本部副本部長。2007年、同社初代フェロー、システム科学研究所所長。2009年、東京工業大学統合研究院医療情報プロジェクト特任教授。同年より現職。ソフトウェア工学、要求工学、ICカードプラットフォーム、ユビキタスコンピューティング、知識創造デザインの研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hiroki Nishizumi

1
学者らしく学術論文っぽい内容。分類は緻密だが、こちらはどちらかと言うと組織へのCMC導入事例や具体的な問題およびその対応案が知りたかったので、いささか不完全燃焼であった。2013/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1075326
  • ご注意事項