ホワッチャドゥーイン、マーシャル・マクルーハン?―感性論的メディア論

電子版価格 ¥2,764
  • 電書あり

ホワッチャドゥーイン、マーシャル・マクルーハン?―感性論的メディア論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 264,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757102651
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0030

内容説明

メディア論・現代思想を更新する衝撃のデビュー作!決定的なマクルーハンの真実が今、明かされる。

目次

マクルーハンの言語ゲーム―ホワッチャドゥーイン、マーシャル・マクルーハン?
第1部 感性論者マクルーハン―理論的読解(芸術家になること―マクルーハンの理論と方法;触覚、この余計なもの―共感覚と麻酔)
第2部 美学者マクルーハン―系譜的読解(「意識の流れ」の制止―感性論的モダニズム;生体解剖的美と探偵的知―ジョイスを読むマクルーハン)
第3部 芸術家マクルーハン―時代的読解(メディアの幼年期―テレビと戦後アメリカ;クールの変容―プローブすること)
四角形の冒険―図式のパフォーマティヴ

著者紹介

門林岳史[カドバヤシタケシ]
1974年生。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了。関西大学文学部総合人文学科映像文化専修助教。専門はメディア論、エピステモロジー研究、表象文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)