叢書コムニス<br> メディアと倫理―画面は慈悲なき世界を救済できるか

個数:

叢書コムニス
メディアと倫理―画面は慈悲なき世界を救済できるか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月30日 17時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 201,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757101753
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0030

内容説明

画面メディアは世界からの存在論的「退きこもり」を現実化する。その行き着く先に救済は見出せるか―気鋭の俊英による新しいメディア批判のアプローチ。

目次

序論 絵画から「便所の落書き」へ
第1章 慈悲なきメディアとしてのテレビ―なぜテレビ画面には不幸な出来事ばかりが映し出されるのか(戦争報道の画面への「無関心」;残酷な映像と「お茶の間」の気楽さ;テレビは言語メディアである ほか)
第2章 映画は見る者を救済する―なぜ映画の画面だけが人間の幸福を映し出すことができるのか(テレビ画面と映画の画面;出来事の信じられる側面に光を当てること;“投影”=“投企”としての映画、棄却としてのテレビ ほか)
第3章 インターネットではなぜ人はかくも卑劣になれるのか
第4章 公共空間、あるいは世界へと現れることの喜び

著者等紹介

和田伸一郎[ワダシンイチロウ]
京都大学(人間・環境学)博士。1969年兵庫県神戸市生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。専門はメディア論、哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。