ITと文明―サルからユビキタス社会へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 371p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784757101401
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0030

内容説明

技術だけではユビキタス社会は実現しない。文明の発達史のなかで、IT社会、人間の本性、そして生活空間を捉え直す。

目次

第1部 情報社会を考える(情報と文明;社会的動物としてのヒトとIT社会;レイ・エキスパートの役割)
第2部 情報社会を視る(アニメーション・コンテンツにおけるロマンとデジタル化について;新しいライフスタイルの創造―携帯電話からウェアラブルまで;ネットイン・ネットアウト―電子媒体の内と外 ほか)
第3部 情報社会を生きる特別インタヴュー(情報産業社会における「知的生産」(梅棹忠夫))

著者等紹介

池田謙一[イケダケンイチ]
1955年生まれ。東京大学大学院人文社会系・文学部教授

梅棹忠夫[ウメサオタダオ]
1920年生まれ。国立民族学博物館顧問、京都大学名誉教授、財団法人千里文化財団会長

長谷川寿一[ハセガワトシカズ]
1952年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授

村上陽一郎[ムラカミヨウイチロウ]
1936年生まれ。国際基督教大学大学院教授(Othmer記念科学教授)

八巻磐[ヤマキイワオ]
1941年生まれ。株式会社ラピス代表取締役、日本ビデオコミュニケーション協会会長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かわのふゆき

0
梅棹忠夫氏の対談とインタビュー部分を抜粋してチェック。「情報の文明学」とアウトラインは同じ。2009/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/239187

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。