コミュニケーションサイエンスシリーズ<br> コンピュータのカオスをおさえる―新しい「安定」計算術

電子版価格 ¥1,056
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

コミュニケーションサイエンスシリーズ
コンピュータのカオスをおさえる―新しい「安定」計算術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 91p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757101111
  • NDC分類 418.1
  • Cコード C0041

内容説明

私たちの仕事や生活に欠かせないコンピュータの「安定」と「不安定」について。コンピュータの計算に現われるカオス的振る舞いをどう抑えるか、その画期的な手法について、わかりやすく説明。

目次

第1章 コンピュータに潜むワナ(数式処理とは?;近似をしてみる;近似は安全か?)
第2章 どう安定化するか?(入力係数を区間で表わす;区間係数多項式どうしの演算と区間演算;アルゴリズムの命令に従う;区間を消す魔法のルール;安定化手法の特徴;安定化手法のしくみ;安定化の実例)
第3章 まだこんなことがわかっていない(いつから安定するのか?;結果良しの判定は?;本当にありがたい応用は?)

著者等紹介

白柳潔[シラヤナギキヨシ]
1957年静岡県伊東市生まれ。東京大学大学院理学系研究科数学専攻修士課程修了。博士(数理科学)。1984年、日本電信電話公社(現NTT)武蔵野電気通信研究所情報通信基礎研究部第一研究室に入社。コンピュータ囲碁、数式処理、計算機代数などの研究に従事。2000年より、NTTコミュニケーション科学基礎研究所人間情報研究部情報基礎理論研究グループのリーダーとなり、現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。