ASUKA BUSINESS<br> はじめての米国株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本

個数:

ASUKA BUSINESS
はじめての米国株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月27日 21時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 148p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784756921321
  • NDC分類 338.155
  • Cコード C0033

出版社内容情報

常に投資パフォーマンスで随一を誇ってきたアメリカ株。2010年代に入り、GAFAをはじめ多くのアメリカ企業が私たちの生活に浸透し、その成長を肌で感じるようになりました。そんな米国株にこれからはじめて投資したいと考える読者にぴったりの、やさしくわかりやすい指南書です。

内容説明

米国企業の特徴、成長力の源泉、投資先の選び方、投資の心構えなど基本はすべて網羅!!

目次

1 そもそもなぜ米国株がいいの?
2 さあ米国株投資をはじめよう
3 いよいよ投資銘柄を選んでみよう
4 投資信託で分散投資をしてみよう
5 株価を動かす経済指標を押さえよう
6 世界一の投資家に学ぶ!投資の極意
7 何が違う?米国株で勝てる人vs負ける人

著者等紹介

安恒理[ヤスツネオサム]
1959年福岡県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、出版社勤務。月刊誌の編集に携わったあと、ライターとして独立する。マネー誌への執筆など、投資からビジネス、スポーツ、サブカルチャーなど幅広い分野で活躍。株式投資歴は、87年のブラックマンデー以降30年以上におよぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Jiemon

2
米国の雇用統計が重視される理由。米国のGDPはその7割が個人消費で成り立っている。その旺盛な個人消費を支えているのが「雇用」で、それを表すのが雇用統計。雇用が悪化すれば失業者が増え、個人消費に陰りが生じ、景気を悪化させる。株と為替に与える影響が最も大きい指標。FRBの理事らが参加するFOMCは利上げ、利下げを行う時に参考にする。雇用統計はエコノミストやアナリスト達の事前予想を裏切ることが良くあることから、発表後に株価や為替が一時的に大きく動くことがある。毎月第一金曜日に発表。消費者物価指数は毎月15日前後2021/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17438493

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。