英文法の鬼100則―英文が表す「気持ち」を捉える

個数:

英文法の鬼100則―英文が表す「気持ち」を捉える

  • ウェブストアに135冊在庫がございます。(2020年11月30日 20時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 438p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784756920591
  • NDC分類 835
  • Cコード C0082

内容説明

ネイティブ感覚の文を書ける・話せる。丸暗記しないから、間違えない。応用が利き、スラスラ「使える」

目次

英語の世界の3つの基本
動詞1 文型:動詞を単語で捉えるな、文型で捉えろ
動詞2 時制:実は私たちは時間をこう捉えている
動詞3 現在分詞:ingはここから考えよう
動詞4 過去分詞:イメージから理解しよう
動詞5 動詞の原形:その意味を考えたことがあるか?
動詞6 仮定法:「実際そうじゃないけど」
動詞7 助動詞:それは事実なのか、思っているだけなのか?
名詞:動詞が「木」なら名詞は「木の実」
形容詞と副詞:「修飾する」の真実
前置詞:これが捉えられれば熟語を攻略できる
語順:語順自体が持つ「心理」を理解せよ
説得するための英語:「型」を作り英語で思考するトレーニング

著者等紹介

時吉秀弥[トキヨシヒデヤ]
(株)スタディーハッカーコンテンツ開発室シニアリサーチャー。神戸市外国語大学英米語学科卒。米国チューレン大学で国際政治を学んだ後、帰国。ラジオパーソナリティという特殊な経歴を経つつ、20年以上にわたって予備校で英語も教えてきた。英語を教える中で独自の英文法観を築きつつあった頃、それが認知言語学に通じるものだと知り、東京言語研究所に入所、池上嘉彦東京大学名誉教授、西村義樹東京大学准教授(当時。現教授)、尾上圭介東京大学教授(当時。現名誉教授)、上野善道東京大学名誉教授らのもとで認知言語学、日本語文法、音声学などを学ぶ。2010年同所で理論言語学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ルールを覚えるだけの詰め込み勉強だと、いつまで経っても英語が「使えない」。
「なぜ」そうなるのかを認知言語学的に解説することで、英語の気持ちと型が理解でき、使えるようになる。