ASUKA CULTURE<br> 時間も記憶力も必要なし!時短省力 私の英語勉強法

個数:

ASUKA CULTURE
時間も記憶力も必要なし!時短省力 私の英語勉強法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月28日 00時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756920126
  • NDC分類 830.7
  • Cコード C0082

出版社内容情報

半年でTOEICを500点UPさせた自身の経験と、
現在学生?社会人の英会話指導している実績をもとに、
短期でムリなく確実に英語力を上げる
具体的な勉強法を教えます。

上田 哲也[ウエダ テツヤ]
著・文・その他

目次

第1章 忙しい人のための省力英語勉強法(ラクできるところは、とことんラクしていこう;英語が身につくことにだけ時間を使う ほか)
第2章 効果的に学ぶための環境をつくる(日本に住んでいても、語学力は海外並に上げられる;移動時間を使いこなす ほか)
第3章 英語の学びを最大限効率化する(知っていること:できること=100:1;英会話でインプットしない ほか)
第4章 僕の省力英語勉強法(おとなの英語トレーニング基本の考え方;スピーキング中心にトレーニングを組み立てる ほか)
第5章 上手なテストとの向き合い方(資格試験のための英語の勉強は伸びない;TOEICで成果を出すためには問題を解かない ほか)

著者等紹介

上田哲也[ウエダテツヤ]
東京出身。大学付属の中高一貫校に入学したものの、レベルが高すぎる英語教育についていけず挫折。以来、中学英語レベルのまま学生時代を過ごす。20代になって英語を本格的に学び始め、約半年でTOEIC470点UP。その後バンクーバーに1年間留学。現在は鉄鋼商社であるトピー実業株式会社にて、東南アジアや米国を中心としたマーケットの営業を担当している。TOEIC990点/英検1級/国連英検特A級(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミネチュ

1
この手の本を何冊も読むとわかることは、どの本も似たようなことが書かれていて、「え~っ!!そんな方法があるのか!!」なんていうような奇をてらった方法が書かれていることはまずありません。 だから、この本もタイトルを見ると、いかにも楽して英語ができるようになる勉強方法が書かれているかのように誤解しますが、全然そんなことは無い。この本に書かれていることもごく普通の方法。書かれていることをちゃんとすれば英語ができるようになるだろうなと思う良い本です。それだけに羊頭狗肉。タイトルから想像するのと中身が違います。2021/07/10

ミズ

1
時間を有効活用するための時短術の本ではなく、英語学習の本質を突きまくった本。 無駄な「作業」やテスト対策ばかりでは一切英語は伸びず、音読を中心とした身のある「学習」をすることで英語力は伸びる。 また、「話したい英語が出てこないというポジティブなフラストレーションを、たくさん感じることがポイント」という、スピーキングに欠かせない要素を中心に、「スピーキングの向上さえ目指せば、他の技能も自然と身につく」というシンプルな指標も示してくれている。 スピーキングに伸び悩んでいる英語中級者にオススメの一冊です。2019/02/13

dobrydenkrtek

0
一見すると楽してできるような体裁の本だが、本の中ごろから、これをこなすのは、なかなか容易ではないのがわかってくる。要はトレーニングなのだ。このトレーニングをこなせれば英語ができるようになるというもの。簡単な方法(シンプル)だが、継続するには覚悟がいる。面白くなるまで我慢できれば、離陸できる。離陸までどうがんばるかが書かれている。決して時短でも省力でもない。まっとうなトレーニング本だ。2021/06/16

ワンダ

0
★★★☆☆ やはり、英語に触れるということが大事であるということを認識しました。2021/04/29

つかじーな

0
2019/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13359107

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。