Asuka business & language book<br> 営業の一流、二流、三流

個数:

Asuka business & language book
営業の一流、二流、三流

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2022年05月21日 05時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 211p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756918031
  • NDC分類 673.3
  • Cコード C2034

出版社内容情報

リクルートのなかでTOPを誇り、研修等で優秀な営業を輩出している著者が、ほんのちょっとの工夫で成績がアップする考え方や心得、

【著者紹介】
らしさラボ代表取締役。リクルートフロムエー入社後、リクルートのHR部門に異動。営業職、および営業マネジャーとして活躍。両社において累計1000社の採用に携わり、プレイヤー部門、マネジャー部門で年間全国トップ表彰4回。累計40回以上の表彰を受賞、名実ともにトップセールス、トップマネジャーとなる。その後、営業部長、リクルート関連会社(株)フロムエーキャリアの代表取締役を歴任。20年にわたってリクルートグループで「好業績を生み出す営業組織づくりの専門家」として活躍。在籍中よりリクルート社内はもとより、クライアントから売上向上に向けたコンサルティング、研修のオファーを受け、独自のポジションを確立。実効性の高いカリキュラムが評判を呼び、たちまち受けきれない状況に。2011年、独立。らしさラボ設立。

内容説明

特別な才能や根性なんて、はっきり言っていりません。商談、お客様との接し方&関係作り、営業ツールなど、知っているだけで成果に結びつく『営業の機微』をあなたは知っていますか?さらなる高みを目指したい、すべての営業へ捧ぐこの1冊!

目次

1 一流の「心構え」とは?(営業の心構え;訪問の心構え ほか)
2 一流の「信頼関係作り」とは?(信頼関係作りの哲学;要望をのめない時 ほか)
3 一流の「商談」とは?(商談の哲学;商談の目的 ほか)
4 一流の「モチベーションUP法」とは?(モチベーション;やる気が出ない時 ほか)
5 一流の「営業ツール」とは?(営業ツールの哲学;あいさつの時 ほか)

著者等紹介

伊庭正康[イバマサヤス]
研修会社(株)らしさラボ代表取締役。1991年リクルートグループ入社(求人情報事業)。その後は、リクルート社においてプレイヤー部門とマネージャー部門の両部門で年間全国トップ表彰4回を受賞、また累計表彰回数は40回以上の社内表彰を受け、営業部長、(株)フロムエーキャリアの代表取締役を歴任。2011年、研修会社(株)らしさラボを設立。講師として、営業研修、リーダーシップ研修を中心に年200回を超えるセッションを提供。中でも、年1000人を超えるセールスパーソンが受講する「Sales Basic研修」はリピート率は98%を超える人気のプログラムとなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メタボン

18
☆☆☆☆ 何よりも顧客のために自分に何が出来るのかというところを出発点として行動を促しているのが良い。訪問する際にはうれしい情報を、ネクタイを顧客のコーポレートカラーに、ちゃんとしたボールペンを持つ、こちらからお客様を紹介しお客様同士をつなぐ、定期的にやり続ける(電話、訪問、情報提供)、無理だと思っても闘う姿勢、顧客の不安な点を確認する、充電時間は書店へ、小さな目標設定をクリアしていく、目標達成に向けてゲーム感覚で、面倒な顧客も淡々と対応、スランプの時こそ3倍提案する、営業ツールを配ったあとのアプローチ。2018/09/28

のぶのぶ

10
相手の役に立ちたい気持ちを行動に移すことの大切さを感じた。ちょっと1手間かけるだけで違うようです。相手の大事にしているものに気づく、話のネタを常に探す心持ちが大事。そこで得た情報を覚えておいていかしていくことが大事。振り返ると、年賀状に家族の名前を書いてくれたり、自分の興味を覚えていて話題に出してくれたりすると嬉しいものです。後、自分の商品の優位性、売りをしっかりPRできることが大事なようだ。たまには、この手の本もいい。読書メーターを始める前に結構、読んだが、今回、久しぶりでした。2016/01/09

ネクロス

9
全部をはじめからこなすことは無理だけど、役に立ちそうなとこから取り込んでいこうと思える本。2016/01/12

ペリ

7
営業の気持ちが知りたくて手に取りました。営業する目線、受ける目線でも勉強になる内容だと思います。伝え方を工夫したり、期待を超える提案をしたりと様々ですが、相手目線はもちろんのこと、他の人と違うやり方を試行錯誤することが重要ですね。営業さんと同じ目線で考えることも重要かと思いました。2020/03/08

しゅわ

7
気配りができる人が営業が上手いという印象でした。相手の嬉しい情報を提供し、一緒に問題改善し成長する事がポイントですね。2018/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9856806

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。