Asuka business & language book<br> iPadで65歳からの毎日を10倍愉しくする私の方法

個数:

Asuka business & language book
iPadで65歳からの毎日を10倍愉しくする私の方法

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 194p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756917393
  • NDC分類 007.6
  • Cコード C2036

出版社内容情報

長生きはするものではありません。元気で長生きをするべきなのです。あなたの行動範囲は自宅から500mが一日の平均ではないですか?iPadを活用すれば友達も増え忙しい毎日に変わります。忙しさは長寿のクルリなのです。

【著者紹介】
1936年山口県下関市生まれ、3兄弟の次男。父の転勤で終戦時は世田谷、その後新潟へ。新潟大学付属中学・県立新潟高校から慶應義塾大学工学部卒業。旭化成へ入社し、旭メディカル?鰹?務→シーメンス旭メディテック?兜寰ミ長→旭化成情報システム?且ミ長を歴任し’99年(63歳)定年退職。’99年に、牧アイティ研究所を設立。念願のリゾートオフィス計画を実行、マレーシア・ペナン島へ13年間移住して、インターネットを活用したグローバルなワークスタイルを実践した。'12年(75歳)に帰国し、次なる展開を実践中。生涯現役のスマートシニアを目指している!!

内容説明

iPadを使えば、友達が増える!毎日やることがある!朝おきるのが楽しくなる!これが元気の秘訣です!スマホでもOK!

目次

序章 あなた自身のシニアライフ度をチェックしよう
第1章 100歳シニアからのインターネット―日野原重明先生のネットライフ
第2章 毎日が10倍楽しくなるシニアのためのiPad・インターネット入門
第3章 新しい友達と出会おう―フェイスブックの安全・安心な始め方
第4章 フェイスブックだけじゃない、シニアがiPadで愉しむ世界
第5章 もし身体の自由が利かなくなっても…
第6章 「自立したあなた」であるためにも、iPadでネットライフを始めましょう

著者等紹介

牧壮[マキタケシ]
新老人の会・スマートシニアアソシエイション代表。牧アイティ研究所代表。1936年山口県下関市生まれ。1960年慶應義塾大学工学部卒業。旭化成に入社。旭メディカル(株)常務、シーメンス旭メディテック(株)副社長、旭化成情報システム(株)社長を歴任。1999年(63歳)でリタイア。牧アイティ研究所を設立。念願のリゾートオフィス計画を実行。マレーシア・ペナン島へ13年間移住してのインターネットを活用してのグローバルなワークスタイルを実践(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パフちゃん@かのん変更

68
iPad買いました。お勧めの「i文庫」も入れました。Fecebookは怖いけれど、LINEは始めました。無料だし、通話もできて、画像も送れるのがいいですね。会話のやり取りが双方向で再現されるのもいい。ただ、携帯に登録されていたLINEをしている人全員に「始めました」の案内が行ったらしくてビックリ。読書メーターもipadで出先でもできるし、つぶやきも画像付きでできるのがいい。旅行の資料や時刻表も調べてブックマークを付けておけばいいし、役に立っています。2015/10/16

パフちゃん@かのん変更

66
うわぁ、これを読むとipadが欲しくなります。siriやEvernoteなどのアプリを使ってみたい。今はノートパソコンとガラケーを使っています。スマホも欲しい。目は老眼じゃないから小さい画面でも大丈夫だけれど、ipadmini欲しいな。タブレットを持てばスマホ並みに電話やメールもできるのかな。2つ買うのは通信費がもったいないし、wifiだけじゃ、wifiのない所ではネットに接続できなくて困りそう。シムフリーが安そうだけれど、設定が難しくて電話番号やアドレスが変わるから困りそう。 2015/09/14

サルビア

13
著者は、これからのシニアにはフェイスブックをおすすめすると書いてあったが、私はそうではないと思った。フェイスブックの弊害もあると思う。 認知症のひとや、声が出せない人にとって、iPadは役に立つ物だと思う。この本の中で特に気になったのは、認知症の人が自分の病と向き合って前向きに生きている姿だ。認知症だと診断された時には目の前が真っ暗になったけれども、自分の病と向き合って、今出来ることをやっていくという生き方に感銘を受けた。2017/07/24

ともたか

8
タブレットがこんなに便利だったとは。ガラケーしか持ち合わせていない身としては ちょっと次の世界を考えるきっかけになった。そろそろ安いスマホか、安いタブレットを買うことを予定したいなんて思っている。でも、あんまり使うこともないか、、、。2015/11/04

ヨハネス

5
若年性認知症でも使える、いやこれがあるから生活できるほどに頼れることに驚きました。洗濯物の取り込みを忘れるからアラーム、ipadをどこに置いたか忘れるから毎日定時にアラーム・・・耳が不自由になったら1台のipadの向こうとこちらで筆談、目が悪くなっても拡大できるし日野原先生のように音声入力もできる。逆に、今から使うと頭を使わずに済むから早くボケるかしら?と心配になるほど!ipad相手の遊びの会話『ipadは私のこと好きですか』『その質問にはお答えできません』などそのたび違う答えを返してくれるとは楽しそう!2015/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8305286

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。