Asuka business & language book<br> 小さくても愛される会社のつくり方

個数:

Asuka business & language book
小さくても愛される会社のつくり方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月22日 14時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756916105
  • NDC分類 675
  • Cコード C2034

内容説明

自社の打ち出す商品やサービスは、社会をどうより良く変えていくのか。本業を通じて、どのように社会に貢献していくのか。従業員から愛されるために、いますぐやるべきこととは何か。これからを生き抜くカギは“ファンづくり”にある。

目次

第1章 これからを生き抜いていくために―愛される企業の条件とは
第2章 会社の存在理由―経営理念から始まるブランドづくり
第3章 お客様から愛されるために―“知れば知るほど愛される”企画の極意
第4章 従業員から愛されるために―従業員満足度とブランドの関係
第5章 今日から始まるブランド戦略―“伝わる・売れる・愛される”の連鎖

著者等紹介

濱畠太[ハマハタフトシ]
大東建託(宣伝・企画担当)在職。『商品開発の会』幹事。1973年生まれ。「web・プロモーション分野」、「広報・ジャーナリスト分野」、2つの専門学校を卒業し、HONDAの関連会社『鈴鹿サーキット』の広報担当へ就く。創業明治4年の上場企業『柿安本店』へ移籍。現在は業界最大手の1兆円企業『大東建託』で、テレビCMをはじめとした宣伝・PR全般を担当する。本業のほか、官庁の観光誘致、大手食品企業の商品開発など、多くのプロジェクトへ参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ますます激しくなる競争環境を生き抜くためには、会社自身がユニークで、「愛される」存在になることが必須です。お客様からはもちろんのこと、取引先や従業員にまで「愛される」会社になるにはどうしたら良いのか、そのための考え方や手法を解説します。

【著者紹介】
・大東建託(宣伝・企画担当)在職。・「商品開発の会」幹事。1973年、東京生まれ。「web・プロモーション分野」、「広報・ジャーナリスト分野」、2つの専門学校を卒業し、「鈴鹿サーキット」広報担当へ就く。広報業務のほか、ブランド戦略、宣伝、販促、MD、イベント企画など関連領域でのノウハウを広く獲得。同分野での更なる経験を積むため、創業明治4年の上場企業「柿安本店」へ移籍、老舗ならではの“守り”と“攻め”が共存するブランド戦略や、日々の売上げを獲得する即効性ある集客方法を実践。現在は「大東建託」で、TVCMをはじめ宣伝・PR全般を担当する。 企業に在籍しながら、官庁の観光誘致、大手食品企業の商品開発など、様々なプロジェクトへ参加。マーケッター約1,000名が加盟するマーケティング勉強会「商品開発の会」幹事。