Asuka business & language book<br> 英語が1週間でイヤになるほどわかってしまう本

個数:

Asuka business & language book
英語が1週間でイヤになるほどわかってしまう本

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756915986
  • NDC分類 835
  • Cコード C2082

出版社内容情報

「西村式文法講座」7日間分が本になった。おなじみの西村節で先生と生徒の授業が進行。
be動詞、副詞、数量を表すフレーズ、完了形、冠詞、仮定法、関係代名詞、助動詞、動詞、受動態、動名詞、不定詞、比較級など、つまずきがちな中学英語の英文法をやりなおしします。

【著者紹介】
元早稲田大学エクステンションセンター講師 西村式語学教育研究所株式会社 代表取締役1943年11月17日京都市生まれ。京都外国語大学英米語学科卒業。同時通訳、企業向けの翻訳のかたわら、これまでの英会話、英語教育そのものに疑念を抱き、滋賀英会話学院(1970年~1996年)を設立。独自の英語教育を実践。“英語は限りなくやさしくなければならない”という英語教育の核を求め現在もその研究と実践に取り組む。2008年 日本文芸アカデミー ゴールド賞を受賞〈主な著書〉『英語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本』『すごい! 英語は前置詞だ!』(以上、明日香出版社)などがある。

内容説明

あなたの「わからない」を一刀両断。やりなおし英語の決定版。

目次

be動詞の使い方がイヤになるほどわかってしまう!
副詞の使い方がイヤになるほどわかってしまう!
数と量の表現がイヤになるほどわかってしまう!
現在完了形・過去形の使い方がイヤになるほどわかってしまう!
冠詞(the,any,some)の使い方がイヤになるほどわかってしまう!
冠詞(a)の使い方をマスターする!
thisとthat(指示代名詞)の使い方をマスターする!
仮定法の使い方をマスターする!
前置詞の使い方がイヤになるほどわかる!
関係代名詞の使い方を一気にマスターしてしまおう!
as,sinceの使い方をマスターしよう!
助動詞の使い方がイヤになるほどわかってしまう!
動詞の使い方がイヤになるほどわかってしまう!
副詞と形容詞の使い方がホイホイわかる、わかる!
受身の使い方がホイホイわかる!
不定詞と動名詞の使い方がイヤになるほどわかってしまう!
比較級の使い方がイヤになるほどわかってしまう!

著者等紹介

西村喜久[ニシムラヨシヒサ]
元早稲田大学エクステンションセンター講師。西村式語学教育研究所株式会社代表取締役。1943年11月17日京都市生まれ。京都外国語大学英米語学科卒業。滋賀英会話学院(1970年~1996年)を設立。2008年日本文芸アカデミーゴールド賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

colocolokenta

18
私が普段読み書きする英語は科学論文がほとんどなので、語彙さえあれば表現についての力はあまり必要ない。それでも、国際学会でのディスカッションなどではそれなりの英語力がないと困るので、タイトルに惹かれて手に取った。英語の表現する世界についてこれまでとは違った見方ができるようになった。また、外国文学(翻訳もの)を読むときも、とらえ方が変わった。良書です。いずれにせよ、どんな言語もどんどん使わないと使えなくなる。2014/01/24

無限_零

4
前作は勢いがあったので、10日位で読了でしたが、今回は一週間で読みきれませんでした。集中すれば良いのでしょうが、同時多読派なので時間がかかった。前作よりややこしいので、やはり英語の基礎(骨組み)を理解する必要がありそうです。この本は理解しやすくしているのでしょうが、英語コンプレックスの持ち主にとっては『○○詞』なんて話しになると、結局ちんぷんかんぷん?になります。TOEICにしろ英検にしろ英語力はあるのにネイティブとは結局会話にならない方が居ますが、この問題を将来解決する為の本を希望しています...。2013/12/15

あおき

3
わかりやすい説明のためにイラストがついているのだろうがなんの理解の助けにもならない。なんだこのイラスト…いやになるほどわからん…。「わかる!身に付く!忘れない!」のは無理かなって。しかも日本語が怪しい。初心者向けの装丁にみえるが全く初心者向けではないと思う。2013/11/20

Y.Taka

1
Writingを再勉強しようと思い購入した一冊。英語が持つ動と静の考えは腹に落ちた。 また読み返して理解を深めよう。2014/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5633224

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。